ダイハツ・タフトG(FF)
ダイハツ・タフトG(FF) タフトはX/G/Gターボの3グレード構成 190mmと余裕たっぷりの最低地上高と滑りやすい路面での走破性を高めるグリップサポート制御が優れた走破性をサポート 駆動方式はFFと4WD 前後フェンダーガードはプロテクターイメージの樹脂製ブラックカラー 価格:CVT 148万5000円 Photo by Akihiko Kokubo

Kクロスオーバー界に大型新人
スズキ・ハスラーの好敵手として企画

 Kクロスオーバー界に大型新人が登場した。ダイハツ・タフトだ。タフトは、このジャンルを牽引してきたスズキ・ハスラーの好敵手として企画された。1月の東京オートサロンに出品されたプロトタイプの市販バージョンである。タフトというネーミングは、1970年代にダイハツがクロスカントリー4WDに用いていた車名に由来する。

 フォルムは全体的にスクエアで、力強く頼りがいがある。バンパーやフェンダーはエッジを強調した造形で、リアフェンダー周辺のガードともども、タフな印象を強調する。その一方で、エンジンフードを前面まで回り込ませ、グリルレスの穏やかなフロントマスクとした処理が目を引く。ヘッドライトは個性的な角型LED。丸型ライトのライバルとは異なる方向性で、フレンドリーな雰囲気を表現した。

 高めのウエストラインに対し、サイドウィンドウの丈を抑えている作りにも気づいた。この処理が、絶妙な躍動感を生み出した要因だ。