3男1女全員を国内最難関の東京大学理科三類(医学部)に合格させた
『東大理三に3男1女を合格させた母親が教える 東大に入るお金と時間の使い方の著者・佐藤亮子ママは、
0歳から18歳の大学入学までの限られた18年間を全力でサポートするため、
「お金」も「時間」も惜しまなかった。
長男を妊娠中、小学校全学年・全教科の教科書を買い込んで熟読。
子どもは全員、1歳前後から公文式に通わせると同時に、
3歳まで「絵本1万冊、童謡1万曲」を読み(歌い)聞かせた。
専用の本棚を手作りして本300冊をまとめ買い。
図書館も活用し、家族で出かけて一度に30冊以上借りていた。
公文式だけでなく、スイミングやバイオリン、ピアノのお稽古にも通わせ、
習い事だけでも1人あたり月5~6万円。
小学生になると早々に中学受験塾へ通わせ、全員を中高一貫校に進学させた。
参考書を買うときも、いい参考書が10冊あったら、とりあえず10冊買ってしまう。
そのうち1冊しか使わなかったとしても、
「10冊あったから優れた1冊を選べた」と思うようにしていた。
いいものは使ってみなくてはわからない。その点、選択肢は多いほうがいい。
子どもの未来を決めるのは、親の「お金」と「時間」の使い方と断言する
『東大理三に3男1女を合格させた母親が教える 東大に入るお金と時間の使い方の著者が、
これまで語ってこなかった「東大とお金」について、その秘密を初公開!

Photo: Adobe Stock

子育ての最終目標を掲げる

私には子育ての最終目標がありました。

それは「わが子が自分でお金を稼いで、自分の力でしっかり生活できる人間に育てること」です。

子どもたちが自分で選んだ仕事でお金を稼いで「自活」できる人間に育てたいと思っていたのです。

社会に出たら、ずっと仕事を続けるわけですから、親としては子どもが納得のいく仕事を選んで欲しい。

そのための選択肢は広ければ広いほどいい。

ある仕事を選びたくても、その仕事に必要な資格や企業の採用基準をクリアしていなければ、門前払いとなってしまいます。

わが子が将来、やりたい仕事を諦めざるを得ないようなことは避けたいので、私は子どもの「将来の選択肢を増やす」ことを念頭に置きながら子育てをしました。

将来の選択肢を増やすといっても、わが子になにが合っていて、なにが得意なのかなんて、親でもわかりません。

子育てをするなかで長男の得意なことがわかっても、同じように下の子が得意とも限らないのです。

何事もやってみないと、わからないことだらけです。

だから、とりあえずいろんなことをやってみようと思いました。

誰しも無駄なことはしたくないですし、無駄なお金は使いたくないでしょう。

しかし、無駄を避けることばかり意識しすぎると、子育てでは身動きがとれなくなります。

「損するかもしれないけど、とりあえずやってみる」という思い切った割り切りが、とても大切なのです。