日常使用の中で
安全装備とアイサイトXはどう役立つのか

 アイサイトのコア技術である、ステレオカメラ機能はより広く写すように、またより解像度を高めており、前方の自動車、二輪車、歩行者などをさらに高い精度で認識するようになった。

アイサイトX
Photo:SUBARU

 さらに今回は前側方レーダーも装備し、ステレオカメラで捕捉できなかった部分を補っている。これらが連動してプリクラッシュブレーキの作動領域も拡大している。今までのステレオカメラとプリクラッシュブレーキ性能もかなり高い性能を持っていたが、前側方レーダーが装備されたことで、見通しの悪い交差点での出合い頭の事故や、見落とした歩行者との接触を防ぐ可能性が高まった。

アイサイトX
Photo:SUBARU

 実際、交差点を再現したテストでも、壁に阻まれて見えない左から迫ってくる車を検知すると、ブレーキが作動することを体験できた。また、交差点で歩行者(ダミー人形)との接触を防ぐ実験も体感したが、見事に歩行者を検知し自動ブレーキが作動した。昼間だけでなく、夜間や雨天、さらに視界が狭くなる降雪などの状況で役に立つのではないだろうか。

 万が一衝突してしまった場合でも、歩行者に対しては歩行者エアバッグがバルクヘッド部に収納されており、ボンネットに跳ね上げた場合、強固な構造を持つ部分で歩行者の頭部への損傷を軽減させるためのエアバッグを装備している。

 乗員に対しても運転者には通常のエアバッグの他にニーエアバッグで下肢に対して保護、助手席に対してはシート下にエアバッグを搭載、シートにしっかり保持させてエアバッグで体を包み込むというような対策も施されている。さらに、今回新型エンジンになったことで、エンジンの全長が約40mm短くなった。この40mmをボディの衝撃吸収のスペースに充てるなど、スバルの事故に対する姿勢が見えてくる。

 アイサイトXは高速道路などの自動車専用道路での使用となり、新たに搭載された3D高精度地図データと準天頂衛星のみちびきとGPS情報を活用することで、自車位置を的確に捕捉してくれる。そのおかげでアイサイトXを作動させていれば、自動で車線変更を行うアクティブレーンチェンジや、50km/h以下での渋滞時ハンズオフアシストが装備された。

アイサイトX
Photo:SUBARU

 カーブへ無理な速度で進入しようとすれば、カーブ前速度制御が作動し適切な速度へ減速してくれる。また料金所前速度制御では、料金所の前で減速を行い安全な速度で料金所を通過できる。最近はETCゲートも速い速度で抜けてもゲートバーにぶつからないと思われているのか、減速しないで通過する車も見かける。

 しかし、万が一、前走車が何らかの理由(ETCカードの入れ忘れや有効期限切れ)などで停車しないとも限らない。また少しで空いているレーンを走ろうと急な車線変更をする車も多い。そういう時の事故のリスクを考えれば、料金所前で減速していくのは必要なことだ。警告から減速まで自動でしてくれるのは他では見ない技術だろう。