新型レヴォーグ
発表された新型レヴォーグ Photo:SUBARU

スバルの新型レヴォーグが20日に発表になった。2019年の東京モーターショーでお披露目されてから、注目を浴びていた同車だが、秘密のベールに隠されていたエンジンや内装、新型EyeSight(アイサイト)などがようやく明らかにされた。一足先にジャーナリストや媒体向けに行われた試乗会で新型レヴォーグに乗る機会を得たので、そこで感じたことをレポートしたい。(ライター・フォトグラファー 雪岡直樹)

レガシィから
レヴォーグへの進化

 スバルの中核を担っていたレガシィツーリングワゴン。スポーティーで荷物を多く載せられるワゴン専用車として登場し、キャンプやスキーなどへ行く道中では多くのレガシィツーリングワゴンが見られた。特にスバルの得意とするAWD性能の高さや荷物が多く積めるなどの使い勝手の良さで、スノーエクスプレスとも言われた時代もあり、スキーに向かうには絶好の車として人気を博していた。

 5代目に進化したレガシィは国内だけでなく、アメリカからの要望を入れたことでボディーも大型化されエンジンも2.5L化(のちのマイナーチェンジで2L化)されるなど、4代目レガシィツーリングワゴンまでのスポーツ性能とワゴン性能の両立をしていたものから、大きくて人もゆったり乗れて多くの荷物も積める車両へと変化した。

 そのことが日本でスポーツ性能も含めて支持していたスバルファン、レガシィファンからソッポを向かれてしまい、国内販売は苦戦してしまう。しかし5代目レガシィツーリングワゴンは、レガシィが持つGT・グランドツーリング性能という意味では優れており、実はレガシィの本来の姿に戻ったものだったのかもしれないが、スポーツ性能を重視していた国内からは敬遠されてしまったのは悲しい出来事だ。