コプリヌス
サルマタに生える「サルマタケ」ことコプリヌス(筆者が撮影)

秋はキノコの季節だ。新物の松茸を楽しみにしていた人もいるだろう。最近は店先に見慣れないキノコが並ぶ。大黒しめじ、たもぎ茸、ブナピー、シロマイタケなど、どれも昔は目にすることはなかった。ちなみに10月15日はキノコの日。知っているようで知らないキノコの不思議とは。(サイエンスライター 川口友万)

洗濯物にも生える
サルマタケは美味

 昔から「香りマツタケ、味シメジ」とよく言われる。

 だがスーパーで売られているシメジを食べて、「味シメジというほどか?」と疑った人は正しい。

 昔から山で採っていたホンシメジはハラタケ目キシメジ科シメジ属ホンシメジ。

 一方、スーパーで売られているシメジはハラタケ目シメジ科シロタモギタケ属ブナシメジ。科と属が違う、別種のキノコだ。