トヨタGRヤリスRZハイパフォーマンス 価格:6MT 456万円 GRヤリスはWRCマシンのホモロゲーションカー 勝利のために先進テクノロジーをフル投入 1.6Lターボ(272ps)のRZ/RC系と1.5L(120ps)のRSを設定 Photo:TOYOTA+Kojiro Yokota

GRヤリスはWRC(世界ラリー選手権)勝利のために誕生したスーパー4WDマシン。開発コンセプトは“ストロングスポーツカー”。272ps/370Nmを発揮する1.6L直3DOHC12Vターボを搭載し、電子制御多板クラッチ式4WDシステム(GR-FOUR)を採用。富士スピードウェイで性能を味わった。

エクステリアは精悍
“勝つためのデザイン”

 GRヤリスは、WRC(世界ラリー選手権)での勝利を目指したトヨタのスポーツ4WD。開発コンセプトは「ストロング・スポーツカー」。トヨタのスポーツカー戦略を担う重要な1台だ。今回は9月の発売に先駆けて、“ほぼ量産モデル”に富士スピードウェイのショートコースと特設ダートコースで試乗した。

 エクステリアは精悍。ヤリスの単純な3ドア仕様ではない。WRCチームからの要求を盛り込んだ“勝つためのデザイン”だ。ルーフラインは空力特性に優れ、ワイドトレッド、アルミ製ボンネットとドア、CFRP製ルーフ採用の“マルチマテリアルボディ”と、ほぼ専用設計である。インテリアは、専用のステアリングやメーター、スポーツシートを採用。シフトレバー前には前後駆動力配分が調整可能なドライブモードスイッチをレイアウト。JBL製オーディオやトヨタセーフティセンスなど、プラスαの魅力を演出する部分も抜かりなし。