治安が悪い場所ランキング
犯罪多発地域を避け、安心して住める場所をどうやって探せばいいか(写真はイメージです) Photo:PIXTA

治安の悪さが安心を奪う
東京の「ホットスポット」はどこか

 東京都区部の犯罪件数は、年間8.5万件を超える。毎日、230件の犯罪が発生していることになる。そのエリア差はかなり大きく、犯罪多発地域を「ホットスポット」という。犯罪発生の原因は犯人の居住地ではなく、犯罪が起きやすい環境にある。

 ホットスポットとなる条件として、(1)犯罪の標的が多い場所(つまり、集客施設がある繁華街)、(2)警備が手薄な場所(警備状況が厳しい大規模施設ではなく、雑多な集積地で警備が手薄な場所)、(3)夜間は暗がりになるような場所(一般に深夜は犯罪発生率が上がる)がある。だからこそ、地域として警備コストを払い、夜でも明るさを保つことなどが要求される。

 犯罪の内訳は、万引き24%、自転車盗15%、詐欺9%、暴行7%、傷害3%の順になる。繁華街のように人が集まるところで多くなる犯罪は、暴行・傷害・脅迫などの粗暴犯や詐欺・万引きなどになる。

 一方、人が住んでいるところで起こりやすい犯罪は、侵入窃盗、空き巣、自転車・オートバイの盗難などになる。前者は昼間人口、後者は夜間人口と相関するので、これらを合計した総刑法犯罪件数は、昼間と夜間の人口の合計と相関することになる。

「犯罪が多い区」は?
ワースト5はあの駅の周辺

 結果として、犯罪が多い区ワースト5は、若者が集まる繁華街の代表格となる渋谷区、同様に池袋駅を抱える豊島区、上野駅などのある台東区、新宿駅のある新宿区、錦糸町のある墨田区となる。逆に少ない区は、1位文京区、2位品川区、3位中央区、4位港区、5位目黒区となっており、以降、杉並区・練馬区・世田谷区と都心の外周に位置する落ち着いた住宅街が続く。