モチベーション下げマンとの戦い方
Photo:PIXTA

 あなたの周りにムダにやる気を下げてくる人物はいないだろうか? 経営・組織戦略コンサルタントの西野一輝氏は、こうしたやる気を下げてくる人物への対策を『モチベーション下げマンとの戦い方』(朝日新聞出版)として上梓した。今回登場するモチベーション下げマンは「ムダな形式を重要視する上司」について。

*  *  *

 日々の不安は多くあれど、日常のモチベーションダウンの要因となるのは上司の存在とよく聞きます。具体的にはいくつものパターンがありますが、典型的なのが形式を無駄に重要視する上司かもしれません。

 例えば、社内で行われる「対して重要に思えない」会議でも欠席を許さない。取引先との重要な決済のための打ち合わせがその会議にかち合ったとしたら「会議優先」としか言わない。あるいは「承認プロセス」のシーンで、社内関係者への確認の書類は相当に煩雑で時間がかかり、仕事が滞りそうなので簡単な記載で提出したら「しっかりと書けるまで承認はしない」とかたくなに対応することしかできない上司……。

 こうしたことに何の意味があるのでしょうか。本質的な判断ではないと感じて、モチベーションが下がりがちになりますよね。