日産キックスX
日産キックスX キックスは“エンジンで発電/モーターで走る”日産自慢のeパワー・システム搭載 実質的には従来のジューク後継車 ジューク比でボディを大型化してユーティリティを大幅リファイン 駆動方式はFF 価格:275万9900円 Photo by Akihiko Kokubo

 キックスは、内田誠社長兼COO体制になった“新生”日産自動車の第1弾。これまで「売りたくても売れるクルマがない」と悲鳴を上げていた販売現場からの期待は高い。

 エクステリアの第一印象は“エクストレイルの弟分”といったイメージ。シャープな薄型LEDヘッドランプと立体的なVモーショングリルと相まって、“スポーティ”さと“先進性”、そして適度な“いい物感”が備わる。

 ボディサイズは全長×全幅×全高4290×1760×1610mm。トヨタ・ヤリスクロス(同4180×1765×1590mm)とC-HR(同4385×1795×1550mm)のほぼ中間。取り回し性に優れた設定だ。

 インテリアは水平基調のオーソドックスなデザイン。直感操作が可能な空調スイッチやレバー式の電制シフトセレクターなど機能的に仕上げられている。ダブルステッチ付きシートやソフトパッド&ドアトリム、グロスブラック処理の加飾など、各部の質感はハイレベル。ただし、樹脂系パーツのクオリティはあまり高くない。

 メーターは、リーフ譲りのアナログ+7インチフルカラーディスプレイ。見やすいのだが、先進的な印象は薄い。なお、先日北米で発表された新型ローグ(=次期エクスレイル)にはフル液晶メーターが採用されている。