銀行革命
写真はイメージです Photo:PIXTA

自動車の誕生が
産業構造を変えた

 100年前、人々は自動車のことを「馬なしの馬車」と呼んだ。見慣れた馬車のアップデート版にすぎないと認識したからだ。

 しかし、現実は違った。それまでの産業構造を次元の違うものに変えてしまうモータリゼーション革命が起きていたのだ。

 自動車の発明によって人の移動距離、物流が飛躍的に向上した。今日のコンビニを支えている一定区域内に集中出店してトラックで商品を配送するドミナント戦略、ゴルフ場、リゾート施設、郊外のショッピングモール、本人に手渡ししなければならないクレジットカードなどのビジネスモデルは、モータリゼーション革命がなければ何一つ成り立たない。

 救急車が30分もせずに病院に搬送してくれるからこそ生存率は上昇し、人間の平均寿命はこの100年間で30歳程度延びた。医療技術の進歩だけではない。病院にアクセスできるモータリゼーション革命が人間の寿命を延ばしたのだ。