「こんまり」こと近藤麻理恵は、今や「片づけ」プロフェッショナルとして、世界で最も知られる日本人の一人となりました。2015年雑誌「TIME」の「世界で最も影響力のある100人」に選出、2019年には彼女独自の片づけ法「こんまりメソッド」をテーマにしたドキュメンタリー番組が動画配信サービス「Netflix」でシリーズ化。「KonMari~人生がときめく片づけの魔法~(Tidying Up with Marie Kondo)」は世界190の国と地域で配信されました。同年にはテレビ番組のアカデミー賞とも言われる「エミー賞」で、2部門ノミネートされました(これは日本人初の快挙だそうです)。
麻理恵さんの世界進出の戦略を手掛けてきたのがプロデューサーであり夫でもある私、川原卓巳でした。日本で活動していた彼女が、どのような流れで世界を舞台に活躍することになったのか。
初めて書き下ろした書籍『Be Yourself』では、麻理恵さんと二人で歩いてきた「自分らしく輝く」ための道のりをご紹介しています。特別なスキルや努力は必要ありません。あなたが、あなたらしく戻ること。そのためのステップをまとめました。本記事では具体的に、あなたがあなたらしく輝くためのメソッドをご紹介します。(構成:宮本恵理子)

Photo by 千倉志野

ネガティブから生まれる
らしさが最強

「好き」「楽しい」「やってみたい」の原点が、実は最初からそう思えるものではなくて、もとは苦手を克服したことがきっかけだったという場合もあります。

 そして、実はこれが最強だったりします。

 その典型的な例が、麻理恵さんです。

 実は彼女は、生まれつき片づけが得意だったわけではありません。

 5歳の時に家にあった主婦雑誌をめくって家事に興味を持ち、お母さんから料理や裁縫、掃除などを楽しく教わっていたけれど、どうしてもマスターできない唯一の家事が、片づけだったのです。

 何度片づけても、もと通りになる部屋……。「片づけを終わらせたい!」と研究を続けて、もうこれ以上磨けないというところまで磨ききって編み出されたのが、「ときめき」という基準でモノと向き合う「こんまりメソッド」でした。このメソッド自体が、彼女が人生をかけて磨き上げた結晶のようなものなのです。

 できなかったことが克服できた時の、「できたー!」という感動がダダもれだから、人にもよろこんで伝えていける。苦手が起点だからこそ、本質的な問題解決になっていて、本物の価値として広がっていった。

 人の心を読み解くメンタリストとして一躍、人気者になったDaiGoさんも、それを極めた理由はもともとコミュニケーションが苦手だったからだと明かしています。

 書道家の武田双雲さんも同じです。今では『ポジティブの教科書』という本を書くほどポジティブの代名詞のような存在の双雲さん。そんな彼も、ネガティブな時期を経験しているからこそ、ポジティブでいられるように考え、勉強して、行動して、今の「ポジティブな武田双雲」になったそうです。

 コンプレックスに対する「どうしても克服したい」という強烈な思いが唯一無二の価値へ昇華していった人はたくさんいます。

 だからあなたも、もしかすると苦手なのにずっと続けていることの中に才能が眠っているかもしれません。ネガティブな部分だって、実は天から与えられた才能だったりするのです。