テレワーク
リモート・マネジメントにおいて、上司から部下への質問にも注意すべきポイントがある。「やってはいけない質問」とは(写真はイメージです) Photo:PIXTA

テレワークを正しく活用すれば、現場に行かなくても成果を上げることは可能だ。今回は、リモート・マネジメントを機能させるための重要なキーワードである3つの「きく」について解説する。(メンタルチャージISC研究所代表取締役 岡本文宏)

部下の話を
じっくり「聴く」

 1つ目は部下の話にじっくり耳を傾けて「聴く」です。

 リモート・マネジメントを効果的に行うには、良好な人間関係を築くことが必要です。それには相手の話をしっかり聴くことが一番の近道です。

 ただ、テレワークの場合、部下との会話は指示や事務的な連絡だけになりがち。そうなると、良好な人間関係が築けないので、部下は本音を話してはくれません。部下の本音が分からなければ、マネジメントは機能しません。

 逆に、上司や経営者が自分の話を聴いてくれると分かれば、「自分は大切にされている」「重要な存在であると認められている」と実感でき、承認欲求が満たされます。周りから、価値ある存在だと認められたいという思い(承認欲求)は人の根源的欲求です。