A子さんの休業手当の総額を計算

 B社長はふてくされて言った。

「A子さんの給料は月給制だから、(1)の式をそのまま当てはめて計算すればいいんだね?それで彼女に支払う休業手当の総額はいくらになりますかね?」
「では、社長の命令通りの日で休業した場合について、具体的に計算してみましょう」

<休業手当額の計算方法・A子さんの場合>
 ○ 賃金締切日…毎月末日、翌月末日払い    
休業日…2021年1月4日(平均賃金算定事由発生日)から1月15日までの9日間
             (土・日・祝日は公休)
給料…20万円、交通費…2万円、残業なし
年末年始の帰省が社長にバレて出勤停止、給料カットにどう対抗する?

(平均賃金)
 (60万円+6万円)÷92日=7173円91銭(銭未満の端数は切り捨て)
(休業手当の額)
7173.91円×6/10×9日=38739.114円→38739円(円未満四捨五入)以上であることが必要

「この金額は法律で決められた(労働基準法第12条)最低保障額なので、甲社の就業規則に記載している計算方法が最低保証額以上になる場合は就業規則の内容で計算します」