コンビニが売り上げにならない「日用品」に再注力し始めた理由
コンビニの日用品売り場が変わり始めているようだ Photo:Diamond

コロナ禍で人々の生活は大きく変わりました。生活に密接にかかわっている「コンビニ」にも変化が求められています。アフターコロナのコンビニはどんな存在になるのか。カギは「日用品売り場」にありそうです。(マーケティングアナリスト 渡辺広明)

コンビニ各社が
「日用品売り場」に注力している

“開いてます、あなたのローソン”のテレビCMが始まったのは、1979年のことでした。当時、日本のコンビニ業界は黎明(れいめい)期。「ローソンはあなたの近くの食料品と雑貨のお店です」というナレーションとともに、少年が剥がれた野球帽のマークを直すため、接着剤を買いに行くという内容でした。

 この当時、コンビニに求められていたのは、緊急時に必要なものが手に入る店としての役割でした。

 その後、平成後期からは高齢化、女性の社会進出などの影響を受け、コンビニは「日常の買い物をする場所」として徐々にその役割を変えつつありました。こうした中で、昨年のコロナ禍ではテレワークの浸透や、外食、イベントなどの自粛で人の動きが大きく変化。オフィスや繁華街で売り上げが苦戦する一方で、住宅立地の店舗を中心に、中食や家飲み用のアルコール関連商品など、日常使いの商品が売り場にどんどん増えています。

 そんな中、コンビニ各社は今、日用雑貨の品ぞろえに力を入れ始めています。