「年齢を重ねる」ということをつい、ネガティブに捉えてしまってはいませんか?
実は、年齢を重ねたからこそ、失敗と成功の経験を重ねて、わかるようになったことが増え、本当の自分らしさを十分に発揮できるようになるものです。
そんな経験豊かな余裕ある大人として、いくつになっても自信をもって楽しく軽やかに生きていくための秘訣を、大手アパレル企業に16年間勤務した経験を持ち、現在はファッションブロガー、大人気ユーチューバー、ファッションプロデューサー・ディレクターなどとして活躍しているミランダかあちゃんこと輪湖もなみさんが実感をもって伝えます。
本連載は、ミランダかあちゃん/輪湖もなみさんの最新刊『どうせなら歳は素敵に重ねたい』から再構成したものです。

部屋着はしめつけず、だらけすぎず

ミランダかあちゃん/輪湖もなみ
ファッションプロデューサー・ディレクター、YouTuber、ワードローブコンサルタント
有限会社モナミアンドケイ代表取締役社長
大手アパレル企業に16年間勤務し、専門店販売指導、店舗管理に携わった後、独立。アパレル業界での豊富な経験と知識をもとにした理論的な切り口と、提案するコーディネートの実践のしやすさが大人女性に支持され、ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は月間300万PVを達成、YouTube「ミランダかあちゃんねる」は総再生回数1400万回を突破した。大人世代向けファッションブランド「JUST JOY」、リメイクブランド「STYLE04」のブランドプロデュースと運営の他、ファッション誌への執筆もおこなっている。
撮影:伊藤 翔

家の中でスウェットばかり着ていたら、ウエストまわりのお肉、通称「浮き輪」が順調に育った! なんていう経験ありませんか?

おまけにすっぴんでメイクしていないからと、お肌の手入れをテキトウにしていると、顔が下がる?!

「人に会わないとゆるむ」

これ、50歳を超えてから、私がつくづく感じることです。

ただし、家の中で窮屈な服を着ていてはくつろげません。私が家の中で着ているのは「スウェット以上お出かけ着未満」。体が大きいのでメンズサイズの大きめな綿や麻素材の服を、ゆったりしたサイズ感で着るのが定番です。

白いコットンシャツは、最初はゴワゴワしていますが、洗うほどくたっとしてきて体に馴染みます。洗濯・脱水してハンガーにかけておくと、重みでシワが伸びるのでアイロン不要です。

また、リーバイス501のデニムも、部屋着の定番。ウエストも脚まわりも苦しくないよう、ゆったりしたストレートタイプを愛用しています。高いデニムは「あたり」とか「ひげ」というデニム独特のはき古し感を、わざと加工して作ってから販売していますが、これ、デニムをはき込めば自分で作ることができるんです。

私はスーパーに買い物に行くとき、デニムのポケットに鍵を入れて、わざと上からもんだりします。すると、ももの付け根のあたりに、いい感じのヴィンテージ感が出るんですよ。以前、岡山のデニム生産者の方に教えてもらいました。これぞ、デニムを「育てる」醍醐味です。

服はゆったり、顔はすっぴんでも、毎朝小さいピアスとフレグランスはつけるようにしています。これは、お仕事モードへの切り替えスイッチ。自宅で誰にも会わずにすごす日も多いので、苦しくなく、でもだらけない状態を保つよう心がけています。

『どうせなら歳は素敵に重ねたい』では、ファッションブロガーであり、大人気YouTuberでもあるミランダかあちゃんこと輪湖もなみさんが、「年齢を重ねる」ということをネガティブに捉えずに、経験豊かな余裕ある大人として自信をもって楽しく生きていくための秘訣を実感をもって伝えてくれています。

いくつになっても自信をもって、自分らしく素敵に生きていきたい! という方はぜひご覧になってみてくださいね!

ミランダかあちゃん/輪湖もなみさんの「ミランダかあちゃんねる」はこちら