「年齢を重ねる」ということをつい、ネガティブに捉えてしまってはいませんか?
実は、年齢を重ねたからこそ、失敗と成功の経験を重ねて、わかるようになったことが増え、本当の自分らしさを十分に発揮できるようになるものです。
そんな経験豊かな余裕ある大人として、いくつになっても自信をもって楽しく軽やかに生きていくための秘訣を、大手アパレル企業に16年間勤務した経験を持ち、現在はファッションブロガー、大人気ユーチューバー、ファッションプロデューサー・ディレクターなどとして活躍しているミランダかあちゃんこと輪湖もなみさんが実感をもって伝えます。
本連載は、ミランダかあちゃん/輪湖もなみさんの最新刊『どうせなら歳は素敵に重ねたい』から再構成したものです。

イタリア伊達男の香水のつけ方

ミランダかあちゃん/輪湖もなみ
ファッションプロデューサー・ディレクター、YouTuber、ワードローブコンサルタント
有限会社モナミアンドケイ代表取締役社長
大手アパレル企業に16年間勤務し、専門店販売指導、店舗管理に携わった後、独立。アパレル業界での豊富な経験と知識をもとにした理論的な切り口と、提案するコーディネートの実践のしやすさが大人女性に支持され、ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は月間300万PVを達成、YouTube「ミランダかあちゃんねる」は総再生回数1400万回を突破した。大人世代向けファッションブランド「JUST JOY」、リメイクブランド「STYLE04」のブランドプロデュースと運営の他、ファッション誌への執筆もおこなっている。
撮影:伊藤 翔

ミラノの観光スポット、ドゥオモの横の老舗百貨店ラ・リナシェンテで、こんな面白い光景に出くわしました。

細身のダークスーツをビシッと隙なく着こなした、1階コスメフロアの販売スタッフの男性たち。

デパートの閉店を知らせる音楽が終わるやいなや、彼らは売り場に置かれたサンプル用のフレグランスを一斉に手に取りました。そして「ぶしゅっ! ぷしゅ――っ」と天井に向けて盛大にスプレーし始めたのです。彼らはそのあと、天井から下りてくる霧の下をエレガントにくぐって、香水を全身にまとわせていました。

私も真似してこの方法をためしてみると、なるほど香水を直接体に吹きかけるより、淡くまんべんなく全身に香水をつけられます。「つける」というより「まとう」感じ。以来、このやり方を真似しています。ただし香水が目に入らないようにご注意くださいね。

後日、パリのフラゴナール香水博物館を訪れたときも、香水は手首や首筋などの体温の高い場所につけると本来の香りが変わってしまうので、この「空中スプレーくぐり方式」がいいと教わりました。

それにしても、イケメンの男性たちが、皆ウキウキした表情で、盛大に香水をスプレーしだす様子は、ちょっと壮観でした。別の日の閉店時間に居合わせたときもこのような光景を見かけたので、彼らにはすっかり日々の習慣になっているのでしょう。

「さあ! 仕事の時間は終わりだ! お楽しみはこれから!」

彼らにとっては、これからが本番。香水は仕事から夜のプライベートタイムへの切り替えスイッチみたいなものなのでしょうね。

オンとオフを切り替えるとき、秋から冬へと季節を切り替えるとき。

優しい気分になりたいときと、仕事で気合いを入れたいとき。

何種類かの香水を、スイッチがわりに使い分けるのも素敵ですね。

『どうせなら歳は素敵に重ねたい』では、ファッションブロガーであり、大人気YouTuberでもあるミランダかあちゃんこと輪湖もなみさんが、「年齢を重ねる」ということをネガティブに捉えずに、経験豊かな余裕ある大人として自信をもって楽しく生きていくための秘訣を実感をもって伝えてくれています。

いくつになっても自信をもって、自分らしく素敵に生きていきたい! という方はぜひご覧になってみてくださいね!

ミランダかあちゃん/輪湖もなみさんの「ミランダかあちゃんねる」はこちら