「年齢を重ねる」ということをつい、ネガティブに捉えてしまってはいませんか?
実は、年齢を重ねたからこそ、失敗と成功の経験を重ねて、わかるようになったことが増え、本当の自分らしさを十分に発揮できるようになるものです。
そんな経験豊かな余裕ある大人として、いくつになっても自信をもって楽しく軽やかに生きていくための秘訣を、大手アパレル企業に16年間勤務した経験を持ち、現在はファッションブロガー、大人気ユーチューバー、ファッションプロデューサー・ディレクターなどとして活躍しているミランダかあちゃんこと輪湖もなみさんが実感をもって伝えます。
本連載は、ミランダかあちゃん/輪湖もなみさんの最新刊『どうせなら歳は素敵に重ねたい』から再構成したものです。

おしゃれな人ときれいな人は
結局これで決まる

ミランダかあちゃん/輪湖もなみ
ファッションプロデューサー・ディレクター、YouTuber、ワードローブコンサルタント
有限会社モナミアンドケイ代表取締役社長
大手アパレル企業に16年間勤務し、専門店販売指導、店舗管理に携わった後、独立。アパレル業界での豊富な経験と知識をもとにした理論的な切り口と、提案するコーディネートの実践のしやすさが大人女性に支持され、ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は月間300万PVを達成、YouTube「ミランダかあちゃんねる」は総再生回数1400万回を突破した。大人世代向けファッションブランド「JUST JOY」、リメイクブランド「STYLE04」のブランドプロデュースと運営の他、ファッション誌への執筆もおこなっている。
撮影:伊藤 翔

会社員のときの同じ部署の後輩で、ものすごくおしゃれな男性がいました。

男性には珍しくカラフルな色使いの達人で、イエローの地に黒い大小の星の模様が散ったネクタイや、ピーマンのようにツヤツヤで鮮やかなグリーンのシャツに深いブラウンのニットタイなど、ちょっと日本人離れした色彩感覚で、いつも粋な着こなしをしていました。

その彼が、朝よく遅刻してきたんです。あまりにも堂々と遅刻して会議室に入ってくるものだから、「ひょっとして私が会議の時間を間違えて伝えたのかしら?」と思うほど。

「今日なぜ遅刻したの?」
と聞くと、彼は平然と答えました。
「靴が服に合っていないと思って」

またまたあまりにも堂々とそう答えたので、思わず先輩という立場を忘れ「あ、そうなんだ」と言ってしまいそうになりました(笑)。

靴が……と言っても、マロン色のスエード靴より、チョコレート色のスエード靴のほうがよかった、という微差で、言われなければわかりません。

「そこまでこだわって直そうとしなくても……」
と言う私に、
「女性だって、きれいな人ほどしょっちゅうメイク直しするじゃないですか」
と彼。

一理あるなあ、なんて妙に納得してしまいました。

ものすごくおしゃれな人、ものすごくきれいな人は、微調整が人一倍マメなんだと思います。服をただ着ただけ、メイクをしただけ、で終わらせない。何か違うと思ったらその都度こまめに修正していく。そのひと手間が、人をハッとさせる美しさを生むのかもしれません。

せめて私たちも、朝服を着たら靴を履いた状態で全身を鏡でチェック、化粧室に入ったらその都度、メイクと髪と服をチェック。1回のチェックに30秒はかけてみましょう。

30秒って、けっこう長いですよ。

『どうせなら歳は素敵に重ねたい』では、ファッションブロガーであり、大人気YouTuberでもあるミランダかあちゃんこと輪湖もなみさんが、「年齢を重ねる」ということをネガティブに捉えずに、経験豊かな余裕ある大人として自信をもって楽しく生きていくための秘訣を実感をもって伝えてくれています。

いくつになっても自信をもって、自分らしく素敵に生きていきたい! という方はぜひご覧になってみてくださいね!

ミランダかあちゃん/輪湖もなみさんの「ミランダかあちゃんねる」はこちら