小腹が空いたら「豆乳を飲む」

 先ほども触れましたが、夜、小腹が空いたときは「豆乳」を飲むとやせます。

 豆乳は、ミニパック(200ミリリットル)を飲めば、お腹にどっしり溜まり、満足感を得られるドリンク。カロリーも約130キロカロリーと、多くはありません。

 しかも、豆乳には脂肪の代謝を促す「やせる栄養成分」大豆サポニンが豊富。コレステロールや中性脂肪を下げる働きもあるので、メタボが気になる人にもピッタリ。

おうちdeダイエット空腹解消だけでなく、やせる栄養成分も豊富 Photo:PIXTA

 じつは、小腹が空いたといっても、体が食べ物を欲しているわけではありません。「なんとなく、ちょっと」口にしたいだけなのです。ですから、小腹が空いたときにお菓子を食べてしまうと、確実に太ります。

 小腹が空いたときは、ドリンク類でお腹をふくらます程度がちょうどいいのです。

 とはいえ、コーヒーなどカフェインを含んだものは避けましょう。寝る前に飲むと、寝つきが悪くなったり、夜中に目が覚めたりと、睡眠の質が低下してしまいます。

 睡眠の質が低下すると、脂肪を分解する働きも低下するため、太りやすくなってしまうのです。

 寝る前に豆乳を飲んでお腹を落ち着かせておくと、スッと眠りに入りやすくなるので、おすすめです。