「年齢を重ねる」ということをつい、ネガティブに捉えてしまってはいませんか?
実は、年齢を重ねたからこそ、失敗と成功の経験を重ねて、わかるようになったことが増え、本当の自分らしさを十分に発揮できるようになるものです。
そんな経験豊かな余裕ある大人として、いくつになっても自信をもって楽しく軽やかに生きていくための秘訣を、大手アパレル企業に16年間勤務した経験を持ち、現在はファッションブロガー、大人気ユーチューバー、ファッションプロデューサー・ディレクターなどとして活躍しているミランダかあちゃんこと輪湖もなみさんが実感をもって伝えます。
本連載は、ミランダかあちゃん/輪湖もなみさんの最新刊『どうせなら歳は素敵に重ねたい』から再構成したものです。

「捨てる」より「増やさない」を考える「大富豪思想」

ミランダかあちゃん/輪湖もなみ
ファッションプロデューサー・ディレクター、YouTuber、ワードローブコンサルタント
有限会社モナミアンドケイ代表取締役社長
大手アパレル企業に16年間勤務し、専門店販売指導、店舗管理に携わった後、独立。アパレル業界での豊富な経験と知識をもとにした理論的な切り口と、提案するコーディネートの実践のしやすさが大人女性に支持され、ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は月間300万PVを達成、YouTube「ミランダかあちゃんねる」は総再生回数1400万回を突破した。大人世代向けファッションブランド「JUST JOY」、リメイクブランド「STYLE04」のブランドプロデュースと運営の他、ファッション誌への執筆もおこなっている。
撮影:伊藤 翔

自分のクローゼットから服があふれてしまい、将来の子ども部屋やご主人のクローゼットにまで侵出してしまっている方。

断言しますが、部屋がこのような状態で「おしゃれ」だった方は一人もいません。

これまでクローゼットコンサルティングで、のべ300人以上のお宅にお邪魔しましたが、例外はありませんでした。なぜこうなるのかというと、自分の服を自分で把握できていないからです。もしも玄関とリビングと寝室と納戸に1台ずつ冷蔵庫があったとして、それで料理を作れと言われたら、やりづらくて仕方がないでしょう?

このパターンの方は、ある日収納に限界がきて、大量に服を捨てます。でもクローゼットがスッキリしたのもつかの間、半年もたてば元どおりにリバウンド。

この20年ほどで服の値段は劇的に安くなりました。気軽に服を買って気軽に捨てられる今の時代。「捨てる」ことより「増やさない」ことのほうが難しいんです。

「増やさない」ために、私がいつもお守りのようにしている言葉があります。それは、メンタリストDaiGoさんが著書『人生を思い通りに操る片づけの心理法則』で書かれていた「大富豪思考」です。何かを買いたくなったら、「お金が無限にあっても本当にそれを買うか?」と自分に質問してみる考え方です。

例えばファストファッションのお店で3000円のトレンチコートが売られていたとします。

「ちょうどクーポンも使えるし、そういえば春のコートも欲しいわね。まあまあ気に入ったから買おうかしら」

でももし、お金が無限にあったら、そのトレンチを買いますか?

「これではなくて、本当は10年は着られるバーバリーのトレンチが欲しい」

心の声に耳をすましてそう思えば、3000円のコートには手を出さないはずです。

「お金が無限にあっても本当にそれを買うか?」と考えることで、「自分にとって本心からいちばんいいものと思えるか」に思いが至ります。

それでも買おうと思えるものは、きっとあなたの記憶にずっと残る素敵な服。また着たい、大切にしたい、という思いが湧き上がる服のはずです。

私の場合、「これを着ずには死ねないわ!」と思うような素敵な服に、仕事柄出合いすぎてしまうのが悩みの種ですけど(笑)。

『どうせなら歳は素敵に重ねたい』では、ファッションブロガーであり、大人気YouTuberでもあるミランダかあちゃんこと輪湖もなみさんが、「年齢を重ねる」ということをネガティブに捉えずに、経験豊かな余裕ある大人として自信をもって楽しく生きていくための秘訣を実感をもって伝えてくれています。

いくつになっても自信をもって、自分らしく素敵に生きていきたい! という方はぜひご覧になってみてくださいね!

ミランダかあちゃん/輪湖もなみさんの「ミランダかあちゃんねる」はこちら