マスク面接での「表情不足」は
就活生の本心を隠す?

 次にマスク面接で失われるものについて見ていこう。

 まず、当然のことながら、表情が消える。

 表情豊かでそれが魅力になっていた人は、一つ武器を奪われることになる。

 だが、逆に言えば――目以外のほとんどの部分が覆い隠されることによって、感情をある程度隠せるようにもなる。もっと端的に言えば、嘘をついてもバレる可能性が低くなるのだ。

 人は口角の上がり方、鼻の膨らみ方など微妙な表情の変化から相手の感情を読み取っている。それら顔の動きすべてを意識的にコントロールするのは難しいからこそ嘘はバレる。

 嘘をつくときは唇を中に押し込めてしまう……などの癖を持っている人もいる。そんな無意識に感情が出てしまう顔の大半がマスクで隠れることになる。つまり、就活生の側に立つと、本心がバレずに済むともいえる。