悩み,都道府県
「住み続けたい」と思っている住民が多い都道府県は? Photo:PIXTA

 誰にとっても一度は住んでみたい「あこがれの町」はあると思うが、それと実際に住み続けたい町は異なるだろう。では、今住んでいる町にずっと住み続けたいと考えている住民が多いのは、どの都道府県だろうか。

 それを47都道府県の住民へのアンケートによって明らかにしたのが、ブランド総合研究所の実施した「都道府県『定住意欲度』ランキング」だ。

 このランキングは、ブランド総合研究所が2020年6月に行った住民視点で地域の課題を明らかにする『都道府県SDGs調査2020』によるもの。それでは早速、47都道府県の住民へのアンケートでわかった「都道府県『定住意欲度』ランキング」を見ていこう。

※調査を行ったのはブランド総合研究所。アンケートはインターネットにて実施。1万6000人から回答を得た(各都道府県から約350人)。調査期間は2020年6月12日~29日。アンケートでは対象者に対し、現在居住している都道府県に「今後も住み続けたいと思うか」という問いを投げかけ、「ぜひ住み続けたい」「できれば住み続けたい」「どちらでもない」「機会があれば他県に移住したい」「すぐにでも他県に移住したい」の5段階から1つ選んでもらった。回答はそれぞれ100点、75点、50点、25点、0点として全回答の平均を「定住意欲度」とした。そのほか、「住民の個人的な悩み」「地域への不満」を50項目ずつ尋ねている。

※前年度の調査結果は新たにウェイトバック集計を行ったため、前年度発表の報告書内容と数値・順位が異なる。また、点数は同じでも、小数点第2位以下の差で順位が異なる場合がある。

1位は北海道、2位は沖縄県に
都道府県「定住意欲度」ランキング発表!

「都道府県『定住意欲度』ランキング2020」1位は、北海道(84.9点)となった。2位は沖縄県(81.2点)、3位には福岡県(80.4点)がランクインしている。4位の石川県(78.1点)は、前年13位から大きく順位を上げた。