◎大好評! シリーズ10万部突破!!
ふつうの会社員でも10年あれば、気づいたときには1億円!
小型株は伸びしろが大きいわりに、目をつけている投資家が少ない。
それだけに、株価が何倍にも伸びる可能性をふんだんに秘めている。
大学時代に投資を始めた著者は、6~7年後に資産1億円を達成。
いまでは1銘柄だけでも億単位のリターンを得ている。
10万円から株式投資をスタートしたとしても、
収入から生活費を除いた分を追加して投資額を増やしていけば、
1年で資産100万~200万円は十分狙える。
すると銘柄の選択肢が広がり、資産を急角度で増やせる可能性がアップ。
資産1000万円くらいで壁にぶつかりがちだが、
この壁を突破すれば10万円を100万円、
100万円を1000万円に増やした感覚で“億り人”に近づける。
ベストセラー『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の刊行から1年。
『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円 実践バイブルとして、
小型株集中投資のテクニックを全公開!

投資
Photo: Adobe Stock

「お金の投資」と「時間の投資」

ひと言で「投資」といっても、株式(個別株)投資以外に「自己投資」「設備投資」「投資信託」「FX(外国為替証拠金)投資」「仮想通貨投資」など、いろいろな種類があります。

そもそも投資には「お金の投資」と「時間の投資」と、大きく2つがあります。

「投資」というと、多くの人は「お金がなければできない」というイメージを抱きがちですが、お金がなくても、「時間の投資」はできます。

「読書して勉強する」「セミナーを受講する」「スポーツで筋トレする」といったことは、多少のお金かはかかるものの、おもに「自分の時間」を投資する行為です。

一方、株式やFX、仮想通貨の売買は、お金を投資します。

投資をするのが時間であれお金であれ、「投資の定義」を知っておくことが大切です。

投資の定義とは、「より価値のあるものに資産を移し続けること」です。

より具体的には、「実際の価値よりも低い価格がついているものを買い、価値に見合った価格(適正価格)以上になったら売る」ということです。

そうすることによって得られた値上がり益で、また実際の価値よりも低い価格がついているものを探して買い、価値に見合った価格(適正価格)以上になったら売ることを繰り返すのです。