◎ふつうの会社員でも10年あれば、気づいたときには1億円
小型株は伸びしろが大きいわりに、目をつけている投資家が少ない。
それだけに、株価が何倍にも伸びる可能性をふんだんに秘めている。
大学時代に投資を始めた著者は、6~7年後に資産1億円を達成。
いまでは1銘柄だけでも億単位のリターンを得ている。
10万円から株式投資をスタートしたとしても、
収入から生活費を除いた分を追加して投資額を増やしていけば、
1年で資産100万~200万円は十分目狙える。
すると銘柄の選択肢が広がり、資産を急角度で増やせる可能性がアップ。
資産1000万円くらいで壁にぶつかりがちだが、
この壁を突破すれば10万円を100万円、
100万円を1000万円に増やした感覚で“億り人”に近づける。
ベストセラー『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の刊行から1年。
『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円 実践バイブルとして、
小型株集中投資のテクニックを全公開!

Photo: Adobe Stock

小型株集中投資と
FXや先物との違いとは?

近ごろは株式投資だけでなく、FX(外国為替証拠金)取引や商品先物取引、さらには暗号資産(仮想通貨)といった「トレード」(短期売買)を手がける個人投資家が増えています。

こうしたトレードは、チャート(「ローソク足」「出来高の棒グラフ」「移動平均線」の3要素をベースとする値動きをグラフ化したもの)を見ながら、数時間とか数分、場合によっては数秒で売買を繰り返して、その利ざやを稼ごうとするものです。

「小型株集中投資」と聞くと、このようなトレードをイメージする人もいますが、それは勘違い。
まったくの別ものです。

お金の運用は、「投資」と「投機」に大きく分かれます。

短期売買のトレードは「投機」であり、小型株集中投資はその名の通り「投資」です。

トレードは刻々と値動きするチャートに張りついて売買を繰り返すのに対して、小型株集中投資は一度買ってしまえば会社が成長するのを待つのが基本となります。

また、トレードは目先の「値動き」に賭けますが、小型株集中投資は会社の「将来価値」に賭けます。

つまり、小型株集中投資は、将来的に株価が大きく上昇しそうな「伸びしろ」(成長力)のある会社を見つけて投資するのです。

その会社の価値が上昇すれば、「全体のパイ」(=時価総額:会社を丸ごと買ったときの値段)も増えるので、その会社に投資した全員が儲けることが可能です。これを「プラスサム・ゲーム」(サムは英語で「合計」の意味)といいます。

一方のトレード(投機)は、参加者全員が儲けることはできません。

仮に100万円儲かった人がいたら、その裏には必ず100万円損した人がいます。誰かが儲かれば、誰かが必ず損をする「ゼロサム・ゲーム」なのです。

FXや先物だけでなく、株や債券のデイトレード、数日から1週間で売買を繰り返すスイングトレードも投機にあたります。

「ゼロサム・ゲーム」をやるのか、それとも「プラスサム・ゲーム」をやるのか。これで後々の資産が大きく違ってきます。

「ゼロサム・ゲーム」より「プラスサム・ゲーム」がおすすめなのはもちろんですが、「プラスサム・ゲーム」のなかでも、元手が限られる個人投資家が効率よく資産を増やすには、小型株集中投資がいちばんなのです。