このコロナ禍では、成長を目指すだけではなく、ムダを省き、筋肉質な経営を目指さなければいけません。リモート経理を導入できれば、「コスト・働く時間」を劇的に少なくすることができます。経費精算のためにわざわざ出社していては、時間とお金をドブに捨てているようなもの。そもそも経理とは「経営管理」の略称。「営業」が会社の攻めを司る剣なら、「経理」は守りを固める盾です。右肩上がりの時代はどこの会社も営業重視でしたが、コロナ禍では経理がいっそう重要になりました。
本連載は、「リモート経理を導入するためのノウハウ」を紹介するものです。著者は「会計とITの融合」を得意とする税理士、井ノ上陽一氏。『リモート経理完全マニュアル 小さな会社にお金を残す87のノウハウ』を出版し、「いつでも・どこでも・誰でも」安心に経理業務ができるメソッドをあますところなく伝えています。

Photo: Adobe Stock

業務時間外メール・会議は今すぐやめよう

 リモートワークで注意すべきは「仕事のやりすぎ」です。

「いつでも・どこでも・誰でも」できるからこそ、ルールを決め、徹底する必要があります。

 リモートワークでは、時間がより重要なものになります。どの時間帯に仕事をするかを徹底しましょう。せめて社内では時間帯のルールを決めましょう。ポイントは3つです。

(1)時間外に会議をしない

 時間外に会議を予定しては、意味がありません。その時点で残業確定となるからです。

 リモートワークで気をつけなければいけないのは、ビデオ会議は早朝や深夜でもできてしまうということ。ルール化して、上司から守るようにしましょう。

(2)時間外にメールをしない

 時間外にメールをしないようにしましょう。通知はオフにしていたとしてもメールを見てしまうと気になります。私は夜にお客様へ絶対メールをしません。

 返事は明日でいいですと書いてあっても、メールが来るだけで気になります。プライベートの時間を楽しんでいたり休んでいたりしていたら、それをぶち壊してしまいます。

 また金曜日にメールをしないようにしています。金曜日にメールをすると土日をまたいでしまう可能性があります。または土日にメールをして予約することも避けましょう。

 時間外にメールをしないことは非常に大事なことです。もちろん電話は絶対にしてはいけません。

(3)メールの予約配信を使わない

 メールソフトやメールサービスによっては送信日時を予約できるものがあります。たとえば深夜や早朝であってもそれを次の日の日中に届くようにすることができるのです。

 この予約配信を使ってはいけません。

 先方に届くのが日中であろうと、こちらが深夜や早朝にメールを送っているのであれば、生産性の観点からオススメできません。