3男1女全員を国内最難関の東京大学理科三類(医学部)に合格させた
『東大に入るお金と時間の使い方』の著者・佐藤亮子ママは、
0歳から18歳の大学入学までを全力でサポートするため、
「お金」も「時間」も惜しまなかった。
長男を妊娠中、小学校全学年・全教科の教科書を買い込んで熟読。
子どもは全員、1歳前後から公文式に通わせ、
「絵本1万冊、童謡1万曲」を3歳まで読み(歌い)聞かせ。
専用の本棚を手作りして本300冊をまとめ買い。
家族で図書館に出かけて一度に30冊以上借りてもいた。
公文式だけでなく、スイミング・バイオリン・ピアノのお稽古にも通わせ、
習い事だけでも1人あたり月5~6万円。
小学生になると早々に中学受験塾へ通わせ、全員を中高一貫校に進学させた。
参考書を買うときも、いい参考書が10冊あったら、とりあえず10冊買う。
そのうち1冊しか使わなかったとしても、
「10冊あったから優れた1冊を選べた」と思うようにしていた。
いいものは使ってみなくてはわからない。その点、選択肢は多いほうがいい。
なにより貴重なのは「時間」。
時間を最大限有効活用するためには「お金」を惜しまない。
子どもの将来を決めるのは、親の「お金」と「時間」の使い方と断言する
『東大に入るお金と時間の使い方』の著者が、
これまで語ってこなかった「東大とお金」について、その秘密を初公開!

コピー用紙
Photo: Adobe Stock

毎日200~300枚も拡大コピー

公文式のプリントの文字は、就学前の子どもの勉強内容にはちょうどいい大きさですが、学習進度が進むにつれて1枚のプリントの内容が増えるので、そのぶん文字が小さくなりました。

プリントの内容を見やすくするために、私は公文式の先生に許可をもらったうえで1枚1枚拡大コピーしていました。

最初のころはコンビニのコピー機で拡大コピーしていたのですが、大量にコピーすることもあり、私の後ろに列ができることもありました。

ほかの人が後ろに並ぶと気疲れしますし、ふとコピーをとりたくなったときに、わざわざコンビニまで行かなければならないのも面倒です。

そこで、いっそのことコピー機を買ってしまおうと思い立ったのです。

いまでこそ家庭用コピー機は広く一般向けに販売されていますが、当時は電器店でもほとんど見かけませんでした。

そこで「コピー機といえばキヤノン、きっと家庭用もつくっているだろう」と思い、キヤノンに電話で問い合わせ、カタログを送ってもらいました。

数日後に届いたカタログを見ると業務用ばかりでしたが、そのなかに1機種だけ家庭用コピー機が載っていました。

ところが、それは定価45万円くらいで、かなり高額でした。

いまなら同じキヤノン製の家庭用コピー機が2~3万円で買えます。

さすがに高すぎるので、電話して価格交渉してみると、高すぎてあまり売れていなかったようで、14万円にまで値下げしてくれました。

それでもまだ高いのですが、毎日使うものですから思い切って購入しました。

いま売られている機種よりサイズ(高さ)が3倍くらいありましたが、高機能でとても使いやすかったです。

自宅にコピー機が届いてからというもの毎朝、主人が出勤し、子どもたちを学校に送り出してから、毎日200~300枚も拡大コピーしました。