コロナ感染者が増える中、リモートワークの長期化は避けられない情勢だ。ビジネスパーソンも「リモート強者」と「リモート弱者」に二極化しつつある今、あなたは「リモート強者」か? それとも「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。
ITビギナーから絶大な信頼を得ている平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する資格(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』が発売たちまち3刷が決定。日経新聞にも掲載された。
「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X(テンエックス)・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)が「全部無料! こんな使い方、あったのか」と大絶賛。曽山哲人氏(サイバーエージェント常務執行役員CHO)が「想像以上に知らない機能があった」、三浦崇典氏(天狼院書店店主)が「Google全70アプリのうち10アプリを使いこなして仕事を劇的に変える解説書。リアルよりも成果を上げる術を伝える“リモート強者”への指南書」というノウハウとはどんなものか。
では、“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう(6回限定公開「リモート効率劇的UP! Google式10X仕事術」動画はこちら)。

パソコン 共有 職場
Photo: Adobe Stock

質問
 名刺から情報を入力する作業、
 もっと省力化できませんか?

 最近ではオンライン会議で名刺交換することも激減しました。

 とはいえ、やはり対面で訪問した際には、いただいた名刺からメールアドレスや肩書などを打ち込んで、できるだけ素早くお礼メールを送信したいです。

 もしかして Google でもっとラクになりませんか?

回答
 スマホを名刺に向けるだけ!
 テキスト情報をすべてパソコンにコピーできます

 これまで大量に受け取っていた名刺とそのデータ入力。顧客管理として外注やスキャンアプリを活用されていた方も多いかもしれません。

 しかし、これからはその経費が必要なくなります。

 実は、「Google レンズ」を使えば、一瞬で名刺データをパソコンやタブレットなどの別の端末にコピーできる機能があるのです。

 Google レンズというと、外出中に知らない植物や建物の名前を簡単に調べられる便利なスマホのアプリ、としてすでにご存じの方も多いのではないでしょうか。

 これが意外にも、仕事にも大いに使えるのです。

<紙のテキストをパソコンにコピーする>

 あなたは、Google レンズを使うと、手書きした紙のメモや書類の文字をスマホで簡単に読み取って、コピーできることをご存じでしたか?

 しかも、このスマホで読み取ったテキストを、本当に一瞬でパソコンへコピーペーストできるのです。

 Google レンズを立ち上げ、カメラをメモに向けて撮影します。

 その後、画面のテキストを選択してから、[パソコンにコピー]をタップ。

 すると、Chromeでログインしている別の端末にコピー&ペーストすることができます。

 注意点としては、スマホとパソコンの両方で同じ Google アカウントにログインしている必要があるということ。また、最新バージョンのChromeブラウザをお使いください。

 これで、メールの本文にペーストしたテキストを使って、すぐに御礼メールが送信できますね。

 社名や名前を入力ミスすることもなくなるので一石二鳥

 アイデア次第で、さまざまな仕事や勉強のシーンで役立ちそうな機能ですよね。

 ぜひご活用ください!

 Google でリモートワーク時代の生産性を劇的向上させる効果的な活用術の基本を『Google式10Xリモート仕事術』にまとめました。ぜひこちらも参考にしてください。