このコロナ禍では、成長を目指すだけではなく、ムダを省き、筋肉質な経営を目指さなければいけません。リモート経理を導入できれば、「コスト・働く時間」を劇的に少なくすることができます。経費精算のためにわざわざ出社していては、時間とお金をドブに捨てているようなもの。そもそも経理とは「経営管理」の略称。「営業」が会社の攻めを司る剣なら、「経理」は守りを固める盾です。右肩上がりの時代はどこの会社も営業重視でしたが、コロナ禍では経理がいっそう重要になりました。
本連載は、「リモート経理を導入するためのノウハウ」を紹介するものです。著者は「会計とITの融合」を得意とする税理士、井ノ上陽一氏。『リモート経理完全マニュアル 小さな会社にお金を残す87のノウハウ』を出版し、「いつでも・どこでも・誰でも」安心に経理業務ができるメソッドをあますところなく伝えています。

Photo: Adobe Stock

会計ソフトの選び方

 リモート経理の要となる会計ソフト。さまざまなソフトが発売されていますが、私はクラウド会計ソフトのfreeeをオススメします。

 その理由は、他の会計ソフトと思想が違うからです。

 データ連動の際に必要な推測機能がfreeeは飛び抜けて優れています。

 推測機能とは、たとえばネットバンクのデータに、「フリコミテスウリョウ」とあったら、勘定科目の「支払手数料」と推測する機能です。

 AIにより推測しており、この精度はソフトによって差があります。請求書発行、経費精算がスムーズにでき、経理の効率化に大きく貢献します。

 一方でfreeeの欠点としては、クラウドならではのもので、処理速度が遅いこと。処理速度を求めるなら、従来の会計ソフト(インストール型)のほうがオススメです。

 そして、会計ソフトはリモート経理実現のツールに過ぎません。会計ソフトを入れたからといって、すぐにリモート経理ができるわけではありません。

 今後、もっと使いやすい会計ソフトができたら乗り換えるくらいに考えておきましょう。もし会計ソフト選びに悩んでいるようなら、まずfreeeを使ってみてください。