明日から新社会人。
楽しみなはずなのに、考えれば考えるほど、なぜかワクワクよりも不安が大きくなってしまう。
仕事は最初の1年で決まる!
スタートダッシュで圧倒的に差がつく!
だからこそ、失敗はしたくない。
久しぶりに乗る電車、遅刻してしまったどうしよう……。
考えれば考えるほど、眠れなくなりそう。
そこで、50万人以上のビジネスパーソンに読まれ、
今も多数の企業で新人研修のテキストとして採用されている
『入社1年目の教科書』の著者の岩瀬大輔さんが、
明日を安心して迎えられるコツをお教えします。
本記事では最新のインタビューと『入社1年目の教科書 ワークブック』から、内容の一部を抜粋・再編集し特別公開する。(まとめ/ダイヤモンド社書籍編集局・和田史子)

入社1年目の教科書、入社1年目の教科書 ワークブック
Photo: Adobe Stock

入社初日のふるまいは
周囲の人に見られている

明日が初出社という新入社員の人は多いでしょう。

とにかく、出社やアポイントには「遅れないこと」が大原則です。

特に入社初日は、「あなたが約束を守れる人かどうか」を、周囲の人たちは見ています。

こんなふうに想像しただけで、「緊張して眠れない」という人も。

「明日だけは、何が何でも寝坊したくない!」

そう思う新入社員の方に、ひとつだけアドバイスさせてください。

明日、遅刻しないコツは、「準備をする」ということ。

明日の準備を万全にすれば、安心して眠れるはずです。

準備不足だから、あれこれ気になって眠れないのかもしれません。

「よし、明日の準備は完璧だ」と思ったら、安心して眠れるはずです。

具体的にどんな準備をすればいいのでしょうか。

・明日着ていく服、靴、かばん
・持参すべき書類やハンカチ、マスクなどの持ち物
・電車の時刻や行き方の地図、建物の入り口の場所

(印刷したものを用意したり、スマホに情報を送っておいたりする)
・天気予報の確認の上、雨であれば傘、曇のち雨であれば折りたたみ傘

事前に、入館証社員証をすでに受け取っている人は、それらも忘れずに。

また、定期券を購入しておく必要があれば、前日まで用意したほうが安心です。
(間に合わなかった人は、当日、定期券を買う時間も逆算して家を出ましょう)

忘れがちなのが、
・最寄り駅の出口の番号(西口か東口か、A1出口かB1出口かなど)
・会社に入る方法(セキュリティーの都合で社員通用口から入ってとか、ビルの入館証のQRコードを忘れず印刷かスクショで持参してなど、事前連絡や確認があったはず)
・どこの部署の誰を訪問すればいいか(人事部の青木さん、総務部の坂本さんなど、どの部署の誰のところへ行けばいいか)
・電車の遅れ等、何かあったときの連絡先(電話番号やメール、LINEやSlack等)

とにかく心配性という人は、
・スマホの充電を確認し、必要があればバッテリーも充電した上で用意
・明日もし電車が遅延したときの、迂回ルートのチェック

といったことも行っておきましょう。

大切なのは「やれることを全部やっておいたから大丈夫!」と思えること。

「準備ができている」と言えれば、自信をもって明日を迎えられます。

明日出社したら、周囲の人に元気にあいさつすることもお忘れなく。

新人時代の印象で、その人のキャリアを通じた印象は決まってしまうものです。

初日に遅刻をせずに気持ちよく出社し、元気にあいさつができれば、周囲からの印象が良いだけでなく、自分に自信を持った状態で入社初日を過ごせる。

これこそが大きなメリットです。

ぜひもう一度、明日の準備ができているか、確認してみましょう。

みなさんにとって、明日が最高のスタートとなることを願っています。

『入社1年目の教科書』の50ルールの1に「何があっても遅刻はするな」というのがあります。

『入社1年目の教科書』の50ルール、気になる人はぜひチェックしてみてください。

次回は、新生活で活用したい「スキマ時間」についてお伝えします。
(2021年4月1日公開予定)