38万部超のベストセラー『餃子屋と高級フレンチ』シリーズでおなじみの著者・林總氏の最新刊『たった10日で決算書がプロ並みに読めるようになる! 会計の教室』がダイヤモンド社から発売になりました。本連載では、同書の中から抜粋して決算書を読み解くために必要な基本の知識をお伝えしていきます。登場人物は、林教授と生徒の川村カノンの2人。知識ゼロから始めて、いかにして決算書を読み解くスキルを身につけていくのか? 川村カノンになったつもりで、本連載にお付き合いください。好評連載のバックナンバーこちらからどうぞ。

Photo: AdoBe Stock

損益計算書は本当に信じられないか?

林教授 以前、ボクは損益計算書の当期純利益を鵜呑みにしてはいけない、と説明した。その理由は何だったかな。

カノン 当期利益は会計期間で新たに生成された価値であって、お金ではないからです。

林教授 もしも、税引き後当期純利益にお金の裏付けがあることがわかればどうだろう。

カノン 信じてもいいことになりますね。

林教授 そうだね。問題は「利益の質」なんだ。つまりお金の裏付けがあれば利益の質が高く、お金の裏付けがわずかであれば利益の質が低いということだね。

カノン よくわかります。でも、損益計算書からでは利益の質はわかりませんね。どうやって見極めるのでしょうか?

林教授 アクルーアルを計算すれば簡単にわかる。