SUBARUフォレスター・スポーツ
SUBARUフォレスター・スポーツ スポーツは伸びやかな走りと上質さを追求 パワーユニットは新型レヴォーグと共通の1.8Lボクサー4ターボ(177ps/300Nm) ボディカラーは全10色 価格:8CVT 328万9000円 Photo by Akihiko Kokubo

フォレスターに“走りのグレード”が加わった。レヴォーグと共通の1.8Lターボ(177ps)を積み、専用足回りを装備したアクティブな1台。オン/オフ対応マルチ派だ。

1.8Lターボ搭載。
トップモデル誕生

 SUBARUのグローバルSUV、フォレスターがマイナーチェンジした。最新モデルは従来アドバンス専用だったマイルドハイブリッドのeボクサー(2L・145ps+モーター13.6ps)を拡大採用。新たに最上級グレードとして1.8Lフラットフォー・ターボ(177ps/300Nm)を積むスポーツが誕生した。内蔵カメラがドライバーの顔を認識。あらかじめ設定されたポジションにシートやドアミラー角度、空調を調節するドライバーモニタリングシステムを全車に設定した点もポイントだ。試乗車は新グレードのスポーツである。

 対面したスポーツは精悍な印象だった。エクステリアはフロントグリル、リアゲート回り、18インチアルミをダークカラーでコーディネート。マフラーエンドパイプは左右2本出し。SUVらしくタフなイメージのフォレスターに、スポーティな味わいが加わっていた。ボディサイズは全長×全幅×全高4625×1815×1730(ルーフレール装着車)mm。ワールドカーらしく大柄だが、日本の道路環境でも持て余す心配はない。最小回転半径は5.4m。絶好の視界もあり、取り回し性は良好だ。