マッキンゼー流「R&D生産性変革」の極意が分かる!R&Dの生産性を向上させ、技術革新を実現すための秘策とは?日本企業の緊急課題であり、生産性向上の重要な鍵の一つが、R&Dのデジタル化。『マッキンゼー流!R&Dの極意』(全7回)#5は、「R&DのDX」を成功させる、3大奥義を公開します。

>> 解説動画が全編(#1~#7)見られる!有料会員登録はこちら

>> 『マッキンゼー流!DX革命』『入山章栄の世界標準の経営理論』 【学びの動画】はこちら

参考:「R&Dの生産性向上こそが日本企業を次世代へ導く」

アンドレ・ロシャ

 先端エレクトロニクス、ハイテク、医療機器、自動車、機械等、幅広い産業におけるグローバル企業を支援し、特にハードウェアおよびソフトウェアの製品開発エクセレンス、オペレーション、デジタル化の分野に重点を置く。ハイテク業界において研究開発エンジニアおよびマネージャーとして10年を超えるキャリアを築き、その後2012年にマッキンゼーに入社。ドイツ・ミュンヘンにてオペレーショングループ内の製品開発支援チームに加わる。2012年から2018年にかけて、デンマーク、フィンランド、ドイツ、スウェーデンを中心に、欧州を拠点とする大手企業・組織を支援した実績を有する。2018年に日本支社東京オフィスに赴任。18年を超えるキャリアで培った幅広く深い専門知識を活用し、日本の企業がより高いレベルの成長および生産性向上を達成できるよう支援を提供している。