どんな時代でも生き残れる不動産投資家になるための極意とは何か? 不動産投資で利益をあげ続けるためには、基本となる知識やノウハウを学ぶ必要があります。ハーバード大学デザイン大学院で最先端の知識を学び、それに自身の体験から得たノウハウをミックスして体系化したハーバード式不動産投資術』(上田真路著、ダイヤモンド社)が発売されました。本連載では、世界のどこでも通用する、遍的で再現性のあるナレッジである不動産投資術について、同書の中から抜粋してそのエッセンスをわかりやすくお届けします。良い不動産をデザインするとは、どういうことか? 驚異のリターンを実現するファイナンスの極意とは? 不動産投資のリスクをどうコントロールしたらいいのか? などについて、実際の事例(ケース・スタディ)を踏まえてそのメカニズムを解き明かしていきます。不動産投資を始めたいと思っている人、すでに始めている人、さらに上を目指したい人必読です。好評連載のバックナンバーこちらからどうぞ。

Photo: Adobe Stock

不動産は人ビジネスであり、チームワークが重要

 ハーバード式不動産投資術で、アルファを創造(Creating)する5つの舞台(ステージ)のうち、(1)デザイン(Design)と(2)ファイナンシング(Financing)については、前回説明した。

 今回は、残りの
(3)チームビルディングとネットワーキング(Team building&Networking)
(4)景気サイクルと出口戦略(Cycle&Exit)
(5)再現性と成長性(Repeatability&Scalability)

 の3つについて説明する。

 ハーバードでも、そして世界の成功している不動産投資ファンドでも言われている格言がある。それは、

不動産は人ビジネスであり、そしてチームワークである」だ。

 あなたが、ごくごく平均的な不動産投資家よりも、リーダーシップをとって、関係する様々な外注業者をチームとして束ねて投資活動を行えば、チームみんなが平均を少しでも超えるための努力をしてくれる。

 そうすると当然、少ない予算でいい建物ができるし、家賃も少しでも高く設定できる。

 はたまた、少しでも有利な融資が引けるかもしれない。チームを尊敬し大切にしつつ、励まし、時には叱咤激励しよう。