コツその2 肉の種類を変える

 肉は脂質も多くなりがちですが、貴重なタンパク質源でもあるので、ヘルシーな部位を選んで賢く取り入れたい食材です。例えば、豚バラ肉を豚ロースに替えれば100gあたり16.2gの脂質を減らすことができ、145kcalのカロリーカットができます。豚バラ肉を鶏モモ肉に替えても189kcalカットできます。下記の脂質量を参考に、献立に使うお肉の種類を代えてみましょう。

●肉100gあたりの脂質量
 豚バラ(35.4g)→豚ロース(19.2g)→豚ヒレ(3.8g)
 牛サーロイン(27.8g)→牛モモ(13.3g)→牛ヒレ(11.2g)
 鶏モモ(14.3g)→鶏ムネ(6.0g)→鶏ささみ(0.8g)
豚肉同じ量の豚肉を食べる場合でも、調理法や選ぶ部位を変えることでカロリーダウンできます Photo:PhotoAC

 魚でもサーモンや大トロ、サバなど種類や部位によっては脂質が多いものがありますが、肉の脂と違って、中性脂肪やコレステロールを低下させる作用のある不飽和脂肪酸なので、あまり気にしなくて大丈夫です。

 本格的なダイエットがしたい、さらにカロリーを減らしたいという方は、魚の中でもより脂が少ない、マグロの赤身やカツオ、白身魚などに替えると、よりヘルシーな食卓になります。