これまでは、「売上最大化、利益最大化」が常識だった。
これからは、「売上最小化、利益最大化」が常識になるかもしれない。
株価上昇率日本一(1164%)の超効率経営
従業員一人あたり利益がトヨタ、NTT、三菱UFJ、KDDI、三井住友FGより高い
新卒初任給は日本で2番目(2021年実績)の高さ
という「北の達人コーポレーション」木下勝寿社長、
初の著書『売上最小化、利益最大化の法則──利益率29%経営の秘密
が発売たちまち重版。日経新聞にも掲載された。
「びっくりするほどよい商品ができたときにしか発売しない」
という圧倒的な商品開発でヒットを連発。
会社の弱点が一発でわかる“5段階利益管理表”
売上を半減させ、利益を1.5倍、利益率を3倍にする方法
売上ゼロでも生き残れる“無収入寿命”
組織全体にコスト意識が生まれるたった一つの方法
を記念すべき初の書籍で惜しみなく公開し、
「不況下では、売上10倍はリスク10倍」と断言する木下社長を直撃した。

矢沢永吉に触発された<br />「D to C」×「サブスクリプション」モデルと<br />リピート率7割の秘密Photo: Adobe Stock

「多産多死」から
「少産少死」の経営へ

矢沢永吉に触発された<br />「D to C」×「サブスクリプション」モデルと<br />リピート率7割の秘密
木下勝寿(Katsuhisa Kinoshita)
株式会社北の達人コーポレーション代表取締役社長
1968年、神戸生まれ。株式会社リクルート勤務後、2000年に北海道特産品販売サイト「北海道・しーおー・じぇいぴー」を立ち上げる。2002年、株式会社北海道・シー・オー・ジェイピーを設立(2009年に株式会社北の達人コーポレーションに商号変更)。
2012年札幌証券取引所新興市場「アンビシャス」、2013年札幌証券取引所本則市場(通常市場)、2014年東京証券取引所の市場第二部(東証二部)、2015年東証一部と史上初の4年連続上場。2017年、時価総額1000億円。2019年、「市場が評価した経営者ランキング」第1位(東洋経済オンライン)。日本政府より紺綬褒章7回受章。
「びっくりするほどよい商品ができたときにしか発売しない」という高品質の健康食品・化粧品で絶対に利益が出る通販モデルを確立。「北の快適工房」ブランドで、機能性表示食品「カイテキオリゴ」やギネス世界記録認定・世界売上No.1となった化粧品「ディープパッチシリーズ」などヒットを連発。売上の7割が定期購入で18年連続増収。ここ5年で売上5倍、経常利益7倍。利益率29%は、上場しているおもなEC企業平均の12倍の利益率。株価上昇率日本一(2017年、1164%)、社長在任期間中の株価上昇率ランキング日本一(2020年、113.7倍、在任期間8.4年)。日本経営合理化協会セミナー「『北の達人』他社を突き放す5つの戦略」は、参加費4万円超ながら327人が受講。本書が初の著書。
【株式会社北の達人コーポレーションHP】
https://www.kitanotatsujin.com/
【ツイッターで最新情報配信中】
https://twitter.com/kinoppirx78

「売上最小化、利益最大化」を目指すには、まず「少産少死」の経営を徹底する。

 商品・サービスを「少産少死」にすること。

 商品は一生売り続けるつもりで開発する。

 ダメになったら廃番にしようと考えず、ロングセラー前提で商品開発を行う。

 この反対が「多産多死」の経営だ。

「多産多死」の経営は流行りの商品を次々に出す。

 一つの商品に依存せず、いつも商品が入れ替わって売上が立つ仕組みになっている。

 人は新しいものに興味を持ちやすい。

 新しいだけで魅力的だ。

 その点で勝負するには、常に新しいものをつくり続けなくてはいけない。

 だから、「多産多死」の経営はコスト高になる。

 販売形態によってもコストは大きく変わる。

 当社は通販しかやっていない。

 しかし売上を最大化するため、通販と店頭販売の両方をやる会社が多い。

 こうした会社のほとんどは、どちらかが赤字になっている。

 私なら黒字事業に特化し、赤字事業をやめる。経営者の中には、

「通販と店頭販売をやることで宣伝になる。相乗効果がある」

 と言う人がいる。

 しかし、利益率は低くなる。両方やるとオペレーションも2種類必要になるから社員教育やノウハウの蓄積などにコストがかかり、利益を圧迫する。

 なぜ利益が少なくなるのに、多くの会社が通販と店頭販売の同時展開をやめられないのか。売上志向だからだ。

 利益を起点に考えていないので、売上が上がることに手を出してしまう。