検査値上の異常がない「代謝的に健康な肥満」が誤解を招くワケ写真はイメージです Photo:PIXTA

 肥満ではあるが検査値上の異常はない場合、「代謝的に健康な肥満」と言われることがある。しかし、「健康的な肥満などはない」とする論文が「Diabetologia」に6月10日掲載された。英グラスゴー大学健康福祉研究所のFrederick Ho氏らの研究によるもの。

 Ho氏は、「肥満者の代謝関連検査値が基準値内にあるとしても、それはその人が実際に健康であることを意味するわけではない。なぜならそのような人たちは、糖尿病、心臓病、脳卒中、呼吸器疾患のリスクが高いからだ」と述べている。そして、「誤解を招きかねない『代謝的に健康な肥満』という用語は、臨床医学では用いるべきではない」と提言している。

 Ho氏らの研究は、英国の大規模ヘルスケア情報ベース「UKバイオバンク」の登録者から、解析に必要なデータがそろっている38万1,363人を抽出し、住民ベースの前向きコホート研究として行われた。ベースライン時のBMIが30以上で肥満に該当するものの、6つの代謝関連指標(中性脂肪、LDL-コレステロール、HDL-コレステロール、HbA1c、C反応性蛋白、血圧)のうち4つ以上が基準値内の人を「代謝的に健康な肥満」と定義。11.2年(中央値)追跡して、2型糖尿病や心不全、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの呼吸器疾患の発症、アテローム性動脈硬化症による非致死性/致死性心血管イベント、全死亡のリスクを検討した。