義手を本物の手のように動かし、感じることができる最先端技術写真はイメージです Photo:PIXTA

 元海兵隊員のClaudia Mitchellさんは、バナナやミネラルウォーターのボトルを押し潰すことなく左手に持ち、そのボトルの蓋を開けることができる。また、パイ用の桃を左手で押さえながら切ることもできる。誰かの手を握る時も、過度に握りしめるようなことはない。化粧ポーチを親指と人差し指でつまむこともできる。

 2004年5月にバイク事故で腕を失い、それ以来、義手を使用しているMitchellさんは、このように手を動かせる日が来るとは思っていなかった。Mitchellさんは2006年以降、米クリーブランド・クリニックのPaul Marasco氏らの研究に関わってきた。同氏らは、Mitchellさんの義手の性能を高めるために、新たな技術を取り入れるなど、定期的に改良を重ねてきた。今回の研究では、最先端の技術を使って、Mitchellさんの義手を本物の手のように思い通りに動かせ、感じることができるものに変えた。

 数々のセンサーとロボットモーターが使われたMitchellさんのバイオニックアーム(筋電義手)からは、何かを、どの程度の強さで、どの指を使って掴んでいるのか、どの程度の速さで義手を動かしているのか、といった情報のフィードバックが得られる。そのため、Mitchellさんは義手を見なくても、こうしたことを把握できる。このバイオニックアームに関するMarasco氏らの論文は、「Science Robotics」9月1日号に掲載された。