ダイエットで人工甘味料が「逆効果」になる人の特徴とは?Photo:PIXTA

 やせるために砂糖ではなく人工甘味料を利用している人も少なくないだろう。しかし、人によっては人工甘味料がやせるのに役立たないばかりか、食欲を高めてしまう可能性もあることが分かった。米南カリフォルニア大学(USC)ケック医学校のKathleen Page氏らの研究結果であり、詳細は「JAMA Network Open」に9月28日掲載された。

 論文の上席著者であるPage氏によると、減量目的での人工甘味料の利用を巡ってはこれまでにも論議が繰り返されてきたという。「人工甘味料が減量に役立つという複数の研究結果がある一方で、体重増加を促したり、2型糖尿病、代謝性疾患を増やす可能性を指摘した研究も存在する」とのことだ。

 Page氏らの研究の対象は、過去3カ月間体重が安定している健康な成人74人で、平均年齢は23.40±3.96歳、女性が58%。人工甘味料の影響が体重によって異なる可能性を考慮し、BMI19.18~40.27という広範囲にわたる対象者が選択された。平均BMIは27.22±5.18で、過体重者(BMI25~30未満)が32%、肥満者(同30以上)が31%含まれていた。