コロナパンデミックは赤ちゃんの運動能力と社会的発達に影響を及ぼす?写真はイメージです Photo:PIXTA

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの最盛期に生まれた赤ちゃんは、運動能力の発達と社会的発達の双方が、わずかではあるが有意に遅れている可能性のあることを、米コロンビア大学のDani Dumitriu氏らが報告した。米国がロックダウンを開始した2020年の春に妊娠第1期を迎えていた母親から生まれた子どもでは、特に発達が遅れるリスクの高いことが明らかになったという。この研究の詳細は、「JAMA Pediatrics」に1月4日掲載された。

 この研究では、COVID-19 Mother Baby Outcomes Initiativeに登録され、生後6カ月時点で乳幼児の発達評価ツールであるASQ-3(Ages and Stages Questionnaire, 3rd Edition)での評価を完了した255人の乳児が追跡された。これらの乳児は、2020年3月から12月の間に生まれ、114人は母親の新型コロナウイルス感染により胎内でウイルスに曝露し(曝露群)、残りの141人はウイルスに曝露していなかった(非曝露群)。また、COVID-19パンデミック発生前の2017年11月から2020年1月の間に生まれた62人を歴史的コホートとした。