ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

昨年とは大きく違う「成熟と停滞」のCES2013
何かが大きく変わる直前の“嵐の前の静けさ”か
――ラスベガスCES会場から占う2013年【後編】

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第42回】 2013年1月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
5
nextpage

 このトレードオフをどのように解いていくのか――これはアップルに限らず、スマートフォンを手がける事業者に共通した、苦悩でもある。そしてそれは、アップルとて十分に解決できていない。

 そのため端末やOSのバージョンアップで、景色ががらっと変わってしまい、そのたびに消費者は買い換えを余儀なくされるか、古いバージョンでの利用を強いられることになる。これはAndroidでもまったく同じであり、しかも残念ながらAndroidの方がよりバラバラで消費者に負担を強いている、とも言える。

 おそらくこうした環境の違いは、クアルコム自身も重々承知だろう。そう考えれば、パソコン時代のインテルやマイクロソフトのようなポジション(と責任)を、同社がそのまま担うとは思えない。しかし同社が今後のスマートフォン市場でどのような役割を担っていくのか。今回のCESではまだはっきり見えなかったというのが、私自身の率直な感想である。

主役の不在と、CESの苦悩

 毎年CESに参加している人間として、またスマートフォン、タブレット、テレビ、メディア等のそれぞれの産業をお手伝いしている人間として、今年を総括すると、「CESそのものがやや踊り場に入っている」という印象である。

中国の家電メーカー・CHANGHONG(長虹)のブース Photo by Tatsuya Kurosaka  拡大画像表示

 確かにプレイヤーの顔ぶれは毎年通りであり、そのプレゼンスも大きくは変わっていない。また主役の交代もあって、新陳代謝しているとも言える。ただ、たとえばスマートフォンでいえば、本当の主役であるグーグル、アップル、マイクロソフトの姿は見えない。

 またテレビに関しても前回の記事や本稿冒頭の通り。日韓メーカーは健在であるものの、彼らが打ち出した高付加価値商品は、いずれもコンテンツ側の供給体制が追いつかないというチグハグな状態である。またそもそもテレビ受像器という商品自体がコモディティ化し、付加価値が期待できない中で、受像器の製造という観点では本来の主役と目される中国勢が目立たない。つまり、あれこれ、噛み合っていないのである。

previous page
5
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧