芹を入手する際は、葉先が黄色っぽくなっておらず、茎がピンとしていて根が白いものを選んでください。

芹根飯
【材料】芹の根…5束分/芹の葉…1本/温かい御飯…1杯分/酒…小さじ1/醤油…小さじ1/出汁…250ml/塩…少々
【作り方】①芹の根はよく洗い、水気を切る。②鍋に酒と醤油を入れて中火にかけ、①をサッと煮る。③御飯に②を乗せ、温めて塩を加えた出汁をかける。

 芹で一番栄養価が高く、歯ごたえがあって美味しいのは根っこの部分なので、根が傷んでいないものを選ぶのは大事です。

 また調理の際は、根に土が詰まっていることも多いため、良く洗うようにしてください。

 生食も可能な芹ですが、三つ葉よりは硬く、アクがあるため、お浸しや和え物にする際は、サッと塩茹でにして水にさらすと良いでしょう。

芹浅草海苔
【材料】芹…1束/酢…小さじ1/醤油…小さじ1/塩…少々/焼き海苔…1枚
【作り方】①鍋にたっぷりのお湯を沸かして塩(分量外)を入れ、芹を根の方から10秒程度茹でた後、水にさらし、水気を絞って3~4cm幅に切る。②酢と醤油と塩を混ぜ合わせ、①と混ぜてから揉み海苔と和える。

 保存の際は、乾かないように新聞紙で包み、ビニールなどに入れてから、できるだけ立てて野菜室で保存しましょう。

 葉物全般に言えることですが、寝かせて保存すると上に伸びようとする力が働き、余計なエネルギーがかかるため、傷みやすくなります。