ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「デジタルな日常」を生きる

生徒も教員も「授業」について考えるきっかけに
――松阪市立三雲中学校のiPad導入で現れた変化

松村太郎 [ジャーナリスト・著者]
【第9回】 2013年12月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4
松阪市教育委員会の楠堂晶久教育課程係長 Photo by T.M.

 松阪市教育委員会の教育課程係長、楠堂晶久氏は、デバイスと教授法のセットで導入することは、「やらされている感覚」になりがちで定着しないため、避けるべきだと指摘する。

 「三雲中学校では、iPadの導入をきっかけに、教員の皆さんが自分の授業について考えるきっかけになりました。はじめから『反転授業をやるぞ!』という提案の仕方は現実的ではないのです。先生方が培ってきたことをiPadでアップデートする、という感覚が大切です。

 またここまで見てきて、学校の中にiPadが入るだけで変化がもたらされることも経験しました。先生のスキルに差が出てくるため、それについては教育委員会での研修を行う必要もあるでしょう」(楠堂氏)

タブレットの導入によって授業の形は確実に変化した。それが生徒への刺激となっている Photo by T.M.

 川田校長は最後に、iPadを家に持ち帰って学習をする子どもを見守る母親同士の会話に参加すると、家庭の中で理科の授業の話をしたり、英語を聴いたりしている様子を初めて見た、と驚きを持って受け入れられていたエピソードを紹介してくれた。それまで学校の話、ましてや授業の話をしなかった子どもたちに生じた変化に、iPad導入の効果を実感しているのだという。

 「今年までに、一段落した感覚です。三雲中学校で試せることは、だいたい経験してきました。生徒にとっては、1年生が3年生になった時に結果が出ると思っていますし、どんな気持ちで勉強し、子どもが卒業していくかが大切です。同時に、先生方も効果的な使い方を自分なりに体得し始めています。こうした学校の変化を、松阪市や日本の他の地域の学校にいかに拡げていくか、を考えていかなければなりません」(川田校長)

 学校の風景に非常に自然に溶け込んだ三雲中学校のiPad導入。デジタルと学びの現実的な答えがそこに広がっていた感覚だ。現在の1年生がどのように成長するのか。またどのように周りの学校に広がっていくのか。注目して追いかけていきたい。

※公開当初、松阪市を一部「松坂市」と記載しておりました。お詫びして訂正いたします。(編集部)

previous page
4
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

松村太郎
[ジャーナリスト・著者]

まつむら・たろう/1980年生まれ・米国カリフォルニア州バークレー在住のジャーナリスト・著者。慶應義塾大学政策・メディア研究科卒。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)、キャスタリア株式会社取締役研究責任者、ビジネス・ブレークスルー大学講師。近著に「スマートフォン新時代」「ソーシャルラーニング入門」など。

「デジタルな日常」を生きる

スマホ、SNSなど、毎日の暮らしに欠かすことのできなくなったネット環境とデジタルツール。その一方で、セキュリティやプライバシーの問題、ツールへの依存、ネットコミュニティとの関わり方など、日々新たな問題が現れ、状況は変化している。私たちは「デジタルな日常」をどう生きていけばいいのか、米国シリコンバレー在住の記者が、生活者の目線で解説する。

「「デジタルな日常」を生きる」

⇒バックナンバー一覧