逆に06年のトリノ大会では景気は「いざなみ景気」の真っ只中だったが、日経平均株価は陰線(月初より月末が下落)だった。当初メダルが5個ぐらい取れるだろうと言われていたが、結果として荒川静香さんの金メダル1個にとどまった。

 株価は20日に2月の最安値をつけたが、これは期待されたメダルが取れなかった影響が大きそうだ。女子フィギュアスケートが始まると株価は上昇傾向になったが、月初の水準には戻れなかった。ソチ大会開催期間中の株価動向も選手の奮闘にかかっているところが大きそうだ。