ちなみに国民生活センターによると、出会い系サイトの利用などに関する相談は、2007年度は前年比125%の3万件。急激に増加している。

成功するメール恋愛テクニック

 ところで、ネット婚活サイトの上手な利用テクニックとはどんなものなのだろうか。前出のヤフー髙田さんと同・パーソナルサービス本部 佐藤純子さんに聞いた。

文章量や文体は…
 適度な文章量を心がける。また、最初からなれなれしい言葉遣いをしないよう注意。回数を重ね、信頼関係ができてきたら徐々に言葉遣いを崩していこう。顔文字などは、できれば避けたほうが無難。

内要は…
 自己紹介や自分のアピールポイントだけでなく、質問や相手の印象などをバランスよく織り交ぜよう。また、相手が興味を持てる内容、会話のきっかけになる内容も盛り込むと、返信につながりやすい。締めくくりは相手の体調などを気遣う文で。

返信が来たら…
 まずは「ありがとう」の気持ちを綴る。相手から振られた話題には必ず乗ろう。それについて調べたことを書いたりして、興味を持っていることをアピール。ただし、知ったかぶりは禁物だ。

返信のタイミングは…
 相手からメールが来るまでは返信しないのが基本ルール。自分から一方的に何度も送らない。逆に、こちらが忙しくてなかなかメールできないときは、状況を説明する一言メールを送る。相手を不安にさせない。

相手が引かないようにするには…
  書いたメールはすぐに送らず、時間を空けて読み直してみる癖を。夜、お酒を飲んだりした時などは、気持ちが入りすぎてしまうことがある。また、すぐに会いたがるのはタブー。相手を警戒させてしまうからだ。