南 これまでは、企業がダイレクトリクルーティングを実践しようとして外部の人材に目を向けてみても、そもそも日本では採用市場への参画者が少なく、ダイレクトリクルーティングが成功することはほとんどありませんでした。しかし企業がダイレクトリクルーティングを進め、採用ニーズがより多くの求職者、転職潜在層へ届くと採用市場は活性化します。多くの人が自身の市場価値などに関心を持ち、採用市場への参画者が増えるでしょう。その結果、企業にとっては候補者が増え、採用に成功する。こうした良い循環が、雇用の流動化につながると見ています。

フクシマ 南さんが頭の中で描いてらっしゃる日本の採用領域の未来は、実際、北米やヨーロッパ各国、アジアで、ごく自然と起こった展開です。日本もきっとそうなるでしょう。しかしその際、人材紹介業にはどのような影響があるとお考えですか?

南 企業が主体的に採用活動を展開することで、人材紹介会社にとっても大きなメリットがあると思っています。企業が人材データベースやツールを活用して、自らの力で効率的に母集団をつくり出しても、採用がうまいぐあいに進まなければ、人材紹介会社に支援を依頼するでしょう。その際に、人材紹介会社が企業のニーズを正確に理解し、目にかなう人材を探し出せたら、それは企業に高い付加価値を提供したことになります。今後、求職者の情報が企業にも人材紹介会社にもオープンになっていく時代がやってくると仮定すると、企業にしっかりと目を向け、高品質の採用コンサルティングを提供できる人材紹介会社が業績を伸ばしていくのではないでしょうか。人材紹介業界の市場規模も大きくできる、またとないチャンスであると思っています。

フクシマ 世界の採用市場を見渡せばすでに起こっていることですが、日本もそうやって変わっていければ素晴らしいですね。少し時間はかかるかもしれませんが、きっと業界の方々にも理解されると思いますよ。だって、昔は人材業界に対して人身売買的なイメージがありましたけど、今はなくなりましたよね。私もいろいろなところで、この仕事の本質や未来について語ってきましたが、イメージを払拭するのには時間がかかりました。人材の流動化は、これからの日本経済の成長にとって不可欠です。企業も社内ばかりに目を向けるのではなく、外にも目を向け“適所適材”していかないと生き残れません。私も、企業がダイレクトリクルーティングを進めることで人材業界全体が発展すると思います。

南 世界ではダイレクトリクルーティングが当たり前になりましたし、グローバル展開している大手の日系企業も、その手法を取り入れないと世界では優秀な人材を採用できなくなってきているという話も伺いました。今後、企業の採用担当者は、転職媒体や人材紹介会社を効率的に活用しつつ、一方でダイレクトリクルーティングも推進させていくことが重要だと感じています。各業界のビジネスモデルの賞味期限は昔に比べて確実に短くなっていますので、5年10年たてば今とは全く違うスキルや技術が必要になるでしょう。採用の世界も同じです。これまでのやり方を真摯に改善しながら、新しい流れも取り入れていくことが必要だと思っています。

フクシマ まさに人材業界にとっては大きな転機、大きなチャンスです。経営コンサルタントの場合は、一生コンサルティングを続けようと思うコンサルタントは少なくて、途中から違う業界・職種にキャリアチェンジするのはよくあること。それは、時代の流れに応じて、もしくは向き不向きに応じて、他の仕事に変えようという自身の判断・評価なんですよね。日本人もそういったマインドセットを持たないと、スキルも必要な人材も早いスピードで変わっていく世界に、取り残されていくと思います。

>>「女性登用の問題は男性の問題」橘・フクシマ・咲江氏インタビュー【後編】に続きます。