むしろ価格の上昇は2極化が進むと断言したい。人気が衰えず、希少価値があがり価格が上がり続けるエリア(あるいは特定マンション)もあれば、逆に一気に下がるエリアもあるだろう。

 では、どんなエリアのマンションが危なく、どんなエリアのマンションがいいのだろうか。

湾岸マンションは危ない?

 2020年以降価格下落すると思えるエリアの代表格は、東京湾岸エリアに立つマンションだ。

 湾岸エリアのマンションはここ10年くらいに一斉に販売された。新築されたマンションは、築後5年くらいから中古マンションとして売りに出され始める。そして、10年~15年くらいで一気に増えてくる。

 住み始めて10年も経つと家庭環境が変わったり、仕事で転勤があったり、ライフスタイルを変えてみようかと思ったり、いろんな変化がある。そうすると、住まいを変えようかと考える。こうして、10年も経つと、ぼちぼち中古マンションとして売り出す物件が増える。

 湾岸エリアはこの10年、相当数のマンションが建った。その住宅戸数は、正確には分からないが、数万戸は軽く超えるだろう。これらが、あと5年もすれば、中古マンションとして市場に出る。物件過多で、中古価格が下落するという構図だ。マンションの価格を左右するのは、希少価値なのだ。

 さらに、湾岸エリアは、地震など有事の際、脆さは常に言われていることだが、万が一首都圏直下地震だけでなく、他のエリアで大きな地震などがあれば、敬遠されることだろう。