IoTがビジネスを変える!|ダイヤモンド・オンライン
DOL特別レポート
2015年6月12日
著者・コラム紹介 バックナンバー
伊藤慎介 [株式会社rimOnO(リモノ)代表取締役社長]

メーカーの“囲い込み思想”で
日本のIoTが取り残される
――日の丸IoTの成否(4)

“つながること”の鍵を握る「標準」
インターネットで起きた現象を想起せよ

 世界中のコンピューターがつながるインターネット。

 国もメーカーもモデルも異なるが、インターネットに接続すれば、異なるパソコン、スマートフォン、タブレットであっても、何の問題もなくメールやメッセージのやり取りができる。見え方に多少の違いがあっても、ウェブページにアクセスしたり、SNSに書き込んだりすることも問題なく行える。

 どうしてインターネットは機器を超えてつながることができるのか?

 「インターネットプロトコル」という標準があり、その標準を全員が守り、標準に準拠した機器が次々と市場に送り出されているからだ。

 このようにしてあらゆる機器がインターネットを介してつながるようになると、そこに「システム」を活用した新しいアプリケーションやサービスが登場し、インターネットがより便利になり、さらに多くの機器やユーザーがつながるようになっていく。

 ネット通販、動画配信、SNS、オンライン株取引、オンラインバンキング、インターネットオークション、オンラインゲームなど挙げるときりがないが、どれだけ便利なサービスが登場したのかは言うまでもないだろう。これが、コンピューターのネットワークであるインターネットで起きた現象なのだ。

 では、「モノのインターネット」であるIoTではどうか?

 同じようになるべきであることは、当然であろう。

個別仕様、クローズ型商品、つながらない機器では
これからの時代は勝てない

 日本はハードウェアを強みとする。パソコン、携帯電話、スマートフォン、テレビなど苦戦を強いられている分野もあるが、自動車、産業機械、電子部品、素材・化学などハードウェアの競争力はまだまだ衰えていない。

 では、あらゆるものがネットワークにつながるIoTの時代が到来したときに日本はどうなるのか?

SPECIAL TOPICS

伊藤慎介 [株式会社rimOnO(リモノ)代表取締役社長]

いとう・しんすけ/株式会社rimOnO(リモノ)代表取締役社長。1973年生まれ。京都大学大学院工学研究科卒業後、1999年に通商産業省(現、経済産業省)に入省。経済産業省では、自動車用蓄電池の技術開発プロジェクト、スマートハウスプロジェクト、スマートコミュニティプロジェクトなどの国家プロジェクトを立ち上げた後、2011~2013年には航空機武器宇宙産業課において航空機産業政策に従事。2014年7月に経済産業省を退官し、超小型電気自動車のベンチャー企業、株式会社rimOnOをznug design根津孝太と共に設立。


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧