記者会見という場で、上場企業のトップとは思えぬ部下へのバッシング。鈴木会長は井阪社長の資質や言動についてとうとうと持論を述べた後に、「井阪を信任して私がやっていくことは将来に禍根を残すと思った。新年度も最高益を出せる状態で、逃げではない。みんなに考えてもらいたいと、きょう引退を決意した」と表明。

「後継者を育てられなかったのか」という質問については「私の不徳の致すところ」と語り、会見を締めくくった。

井阪社長交代に
社外取締役も創業家も反対

 長期政権を続け、セブンの“天皇”として君臨してきた鈴木会長に引退を決意させたきっかけは、井阪社長の交代問題である。

 セブン&アイHDは3月に取締役会の諮問機関として、役員人事や報酬を審議する「指名・報酬委員会」を設置。鈴木会長と村田社長、社外取締役の伊藤邦雄・一橋大学大学院特任教授と米村敏朗・元警視総監の4人が委員を務める。

 この指名委に3月、井阪社長を退任させ、後任に古屋副社長を充てる人事案を鈴木会長は提出する。

 ところが、「セブン-イレブン社長の任期は7年」という理由の他に明確な説明がなかったため、「外部から見ると、交代の理由が見いだせない」と社外取締役が反対したのだ。

 さらに、社外取締役から「ガバナンスの問題として、創業者で大株主の伊藤家の判断も重要だ」との意見も出た。そこで、村田社長は伊藤雅俊名誉会長に人事案の承諾を得ようとしたが、拒絶された。

 伊藤家はセブン&アイHDの株式約10%を保有する。反対の理由は定かではないが、布石はあった。

 関係者によれば、不振で赤字続きのイトーヨーカ堂のために「寄付してほしい」と鈴木会長の側近が伊藤家に要請したというのだ。この申し出を伊藤家の奨学金財団の常任理事を務める、伊藤名誉会長の長女は拒絶。伊藤家の鈴木会長への不信感が高まったという。

 鈴木会長が会見で「私の提案を伊藤名誉会長が拒否したことは一回もなかった。世代が変わった」と繰り返した背景には、こうした事情もあったと関係者はみる。

 結局、井阪社長交代の人事案は指名委の了承を得られないまま、7日の取締役会に諮られることになってしまった。