事業価値を向上させられる
経営者かどうかを判断する
3つのポイント

この記事を読む

稲田将人(いなだ・まさと) 株式会社RE-Engineering Partners代表/経営コンサルタント 早稲田大学大学院理工学研究科修了。神戸大学非常勤講師。豊田自動織機製作所より企業派遣で米国コロンビア大学大学院コンピューターサイエンス科にて修士号取得後、マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。マッキンゼー退職後は、企業側の依頼にもとづき、大手企業の代表取締役、役員、事業・営業責任者として売上V字回復、収益性強化などの企業改革を行う。これまで経営改革に携わったおもな企業に、アオキインターナショナル(現AOKI HD)、ロック・ フィールド、日本コカ・コーラ、三城(現三城HD)、ワールド、卑弥呼などがある。2008年8月にRE-Engineering Partnersを設立。成長軌道入れのための企業変革を外部スタッフ、役員として請け負う。戦略構築だけにとどまらず、企業が永続的に発展するための社内の習慣づけ、文化づくりを行い、事業の着実な成長軌道入れまでを行えるのが強み。著書に、『戦略参謀』『経営参謀』『戦略参謀の仕事』(以上、ダイヤモンド社)、『PDCA プロフェッショナル』(東洋経済新報社)、『PDCAマネジメント』(日経文庫)がある。

<2/2>

経営トップの仕事

経営トップの仕事

稲田将人 著

<内容紹介>

ビジネスの低迷は「組織のPDCA」の機能不全からはじまる。現場をいかに動かすか、そのイメージは事業部門のトップが頭に描き、実態を把握していなければならない。経営トップは、マネジャーの頭の中に経営視点で考える「ニューラル・ネットワーク」を作りあげよ。PDCAが健全に廻る組織に変わる50のアドバイス。

特集

書籍オンライン

書籍オンライン 記事ランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • いいね!
愛読者クラブ登録
TOP