【第8回】 2012年4月3日 吉田典史 :ジャーナリスト

せめて遺族の“最期の別れ”は気持ちよく――。
極限状態で遺体保護を続けたエンバーマーの素顔

――日本遺体衛生保全協会 加藤裕二・事務局長、馬塲泰見・スーパーバイザーのケース

有料会員になると記事の印刷機能がご利用いただけます。
詳細はこちら