【第50回】 2012年7月9日 高嶋哲夫 :作家

ダラスとの交渉